リエゾンチーム

精神科リエゾンチーム1

構成スタッフ

  • 医師
  • 看護師
  • 公認心理師
  • 作業療法士
  • 精神保健福祉士
  • 薬剤師

チームの活動目的・役割

 リエゾンチームとは、身体の治療中に併発した精神症状(不眠や不安、気分の落ち込み、認知症症状の悪化、せん妄など)にお困りの患者様に、その症状やご要望に応じて専門的な精神医学的治療や看護ケア・アドバイス、カウンセリングなどを提供するチームです。

活動内容

 2012年4月の診療報酬改定において精神科リエゾンチーム加算が新設されました。当院でも2016年4月よりリエゾンチームを発足し、毎週水曜日に各病棟を巡回して、症状やご要望に応じた治療やケアを行ったり、カンファレンスを行っています。
最も多いのはせん妄に関するご相談で、全患者の75%を占めます。順次、不眠8%、認知症5%、抑うつ4%、不安3%などです。

メッセージ

 身体と心は繋がっており、身体的な不調は同時に精神的な不調を招きます。不眠や不安、気分の落ち込みや認知症症状の悪化、せん妄などといった精神的な不調は、入院中に多くの方が経験される身近な症状です。ご遠慮なさらず些細なことからお気軽にご相談ください。