皮膚科

【一般目標】

 一般臨床医として皮膚および可視粘膜に表れる症状を適切に判断して、その患者の診断治療に速やかに対応できる皮膚科学的な知識、診断力、考え方と技能を身につける。

【行動目標】

 1.皮膚所見を診てその診断治療に必要な直接鏡検など自分で行う検査ができる。
 2.皮膚疾患の基本的治療法を選択して実施できる。
 3.皮膚病変から推測できる他臓器疾患、全身疾患について適切に専門医にコンサルテーションできる。
 4.皮膚科救急疾患の初期診療ができる。
 5.皮膚科手術の助手として参加でき、簡単な切除や生検は術者としてできる。
 6.皮膚科手術の術前、術後の管理ができる。

【研修内容】

●皮膚科一般1ヶ月コース
 1.皮膚科の外来部門と入院病棟を主な場として研修する。
 2.外来では必要に応じて主治医の診察を見学する。
 3.病棟では受け持ち医とともに入院患者の検査や治療法の実際を見学する。
 4.皮膚生検、外来小手術、皮膚科処置を見学して実際の手技を学ぶ。
 5.救急疾患は常にオンコールとし、受け持ち医と共に診察にあたる。

●皮膚科一般2ヶ月コース
 1.皮膚科の外来部門と入院病棟を主な場として研修する。
 2.外来では必要に応じて主治医の診察に参加する。
 3.病棟では受け持ち医とともに入院患者の検査や治療の一部を行う。
 4.皮膚生検、外来小手術、皮膚科処置を実際に参加して学ぶ。

●皮膚科一般3ヶ月コース
 1.皮膚科の外来部門と入院病棟を主な場として研修する。
 2.外来では必要に応じて主治医と共に診察する。
 3.病棟では受け持ち医と一緒に入院患者の検査や治療を行う。
 4.皮膚生検、外来小手術、皮膚科処置、実際に施行しながら学ぶ。

【カンファレンス】

必要に応じて、勉強会、カンファレンスを開催

【研修スケジュール】