眼科

【一般目標】

 眼科の基礎的な検査の技術を習得し、基礎的な眼科疾患の診断とプライマリ・ケアが出来る知識と技術を身につける。

【行動目標】

1. 眼科疾患の問診の仕方を習得する。
2. 失明と視覚障害の概念について、医学的かつ社会的に理解する。
3. 屈折の概念を理解する。
4. 視力と視覚の概念を理解する。
5. 視路について理解する。
6. 眼球および眼瞼、眼窩の解剖を理解する。
7. 眼球運動と複視について理解する。
8. 眼圧と前房水の代謝に関し理解する。
9. 眼と全身疾患の関連を理解する。
10. 基礎的な眼科検査を理解し、眼科診察法を習得する。
11. 診断に必要な検査の選択法を理解する。
12. 基礎的な眼科検査結果の評価法を理解する。
13. 眼科疾患の診断法と基礎的な治療法を理解する。
14. 点眼薬の基礎的な知識を習得する。
15. 点眼、眼帯、洗眼などの眼科処置の仕方を習得する。
16. 眼科治療薬の処方の仕方の基礎を習得する。
17. 眼科手術の適応決定の基礎を理解する。
18. 眼科手術の基礎的な理解と助手の仕方を習得する。
19. 眼科手術の術前、術後の処置の仕方を習得する。
20. 眼科救急疾患の診断と初期治療を習得する。
21. 感染性疾患の診断と基礎的な治療法を習得する。
22. アイバンクと臓器移植法を理解する。
23. 視覚の発達、視野、斜視、弱視の概念について理解する。
24. 眼科疾患の他科との連携と病診連携について理解する。

【研修内容】

  • 病棟患者、術後患者の診察を主治医とともに行い、診察後必要な処方、指示、処置を行う。
  • 新患患者の病歴を聴取し、主治医の指示に従い、検査をオーダーする。
  • 検査結果を主治医のもとに評価し、治療方針を決定する。
  • 眼科視能訓練士について各種眼科検査を学ぶ。
  • 主治医のもとに結膜下注射や涙管通水試験などの処置室での業務を行う。
  • 主治医のもとに手術助手の仕方を学ぶ。
  • 手術終了後、病棟患者を回診し、患者と家族の訴えを聞き、問題点を主治医とディスカッションする。
  • 眼科入院患者の体位保持の指導、全身管理、精神面でのケアを行う。
  • 業務終了後は模型眼を用いた眼底検査の練習を行う。
  • 退院サマリーを書く。
  • 入院診療計画書を作成する。
  • カンファレンスにて眼科疾患の理解を深める。

【カンファレンス】

火: 症例検討会(看護師、ORT合同)

【研修スケジュール】

  午前 午後
外来診療 手術
外来診療 検査・レーザー治療・外来手術・NICU診察
外来診療 検査・レーザー治療・外来手術
外来診療 手術
外来診療 検査・レーザー治療・外来手術