先輩研修医から

秋本祐輔研修医

秋本 雄祐
(研修医1年目)

こんにちは。初期研修医の1年目の秋本雄祐です。この文章を読んでいる方は研修先をどうするか、研修先で何ができるのかと悩まれているのではないでしょうか。当院では救急車のファーストタッチからウォークインまでER型救急を研修医が実践でき、重症外傷や精神科救急の患者さんも多く様々な症例を経験できます。2年目ではヘリに搭乗し病院前救急を学ぶこともできます。救急だけでなく病棟業務や手技においても病院全体に「研修医を育てよう」という雰囲気があり、幅広く知識や手技を学べる機会がたくさんあります。その際も上級医の先生が一緒について丁寧に教えてくださるので、一人で困り果てるようなこともありません。毎週研修医主催の勉強会や救急医による外傷レクチャーがあり、他にも病院全体でのM&Mカンファ、CPCカンファやICTカンファなど非常に教育的な場も設けられています。1つ上の先輩や同期同士は本当に仲が良く、些細なことでも気軽に相談できる雰囲気があり、助け合いながら日々楽しく充実した毎日を過ごしています。外傷がしたい、ヘリに乗りたい、他の病院にはない科を学びたい、憧れの先生がいる、など当院を検討される理由は様々だと思います。いずれにせよ、当院での初期研修は非常にやりがいがあり、まだ研修が始まって間もないですがとても良い研修になると確信しています。どこで研修しようか悩んでいる方は、是非一度当院へ足を運んでみてください。来年の春に一緒に働けることを楽しみにしています!

三好彩佳研修医2

三好 彩佳
(研修医2年目)

徳島県立中央病院初期研修医2年目の三好彩佳です。私が徳島県立中央病院を選んだ理由は、救急を主体としてバランスよく全科にわたる専門診療が揃っていることと、挨拶が飛び交っていてメディカルスタッフとも距離が近く、各科同士の垣根の低さを見学に来た時に肌で感じることができたからです。当院では3次救急受け入れも行っており、重症名患者が搬送されてきたり、軽症から稀な疾患まで様々な患者に出会います。月3~5回の救急当直では、どんな症例であっても研修医が主体となって診療にあたることができ、救急外来で手技をさせていただける機会も多いです。勿論、まだ慣れないこともたくさんあり、常に不安はついてまわりますが、いつでも指導医や他科の先生方に気軽に相談できる環境も当院の大きな魅力だと思います。出身大学が違う同期が多いですが、やる気があり非常に雰囲気もよく、疑問に思ったことを相談し合ったり、息抜きに雑談したり毎日楽しく充実した研修生活を送っています。研修病院で迷っている人はまず、一度見学に来てください。きっと雰囲気のよさを肌で感じていただけると思います。是非、徳島県立中央病院で充実した研修を送りましょう。