先輩研修医から

   花田 康平
(研修医1年目)

   こんにちは。初期研修医1年目の花田康平です。 研修先をどこにしようか、何を重視して選べばよいのか迷われている方が多くいると思います。何を優先するのかは個人によって変わると思いますが、私の場合、優先したのは症例の多さと指導体制が整っているかということです。 症例の多さという点では、当院は早急に対応が求められる重症患者の初期診療から入院管理まで幅広く診療を行うことができます。例えば、重症の患者を前にして、ついこの間まで学生であった自分になにができるのか、誰もが不安に感じることと思います。現に研修間もない私にとっては恐怖すら覚えます。そのような場面で自分で考え責任をもって行動することはもちろん成長する上で不可欠です。加えて、行っていることが正しいのかどうか方向性を示してくれてフィードバックもその都度行う環境であると1つの症例から得るものが莫大に増えます。指導体制が整っている当院では相談しやすい指導医が多くいて、研修医をみんなで育てようという雰囲気があり充実しております。また、普段の生活でいえば先輩、同期との仲は大変よくて相談事や雑談したり等、毎日の研修生活が非常に楽しいです。 研修病院で迷っている方は、ぜひ一度足を運んでいただければと思います。その雰囲気を感じ取っていただければ当院を研修病院に選ぼうという気持ちになり、さらにその選択が誤っていないことを確信しております。それでは皆様とご一緒に働けることを楽しみにしております。

   佐藤 裕紀
(研修医2年目)

 医学生の皆さん、こんにちは。初期臨床研修医2年目の佐藤裕紀です。皆さんは、これからマッチングを控え、研修先の病院に悩まれていると思います。  私が徳島県立中央病院を研修先として希望した理由は、初期研修医の頃から実践的な能力を培うことができると思ったからです。ここでは、徳島県の救急医療を担う急性期病院として一次から三次救急に対応するだけでなく、  隣接する徳島大学病院と連携し、より専門性の高い症例を経験することもできます。さらに、徳島県内では唯一、初期研修医の頃からドクターヘリに乗ることができます。上級医の先生方も大変教育熱心でレクチャーやイベントの企画をしてくださります。病棟のスタッフの方々や研修医の先輩方も積極的に手技や診療のアドバイスをしてくださいます。研修医同士でも毎週勉強会を開き、自分が経験した症例や学んだことを共有することで研鑽を重ねています。研修プログラムも自由度が高く、個人の希望が叶う事も魅力の一つだと思います。初期研修は医者人生のスタート地点である大事な2年間です。興味を持たれた方はぜひ一度見学に来てみて下さい、お待ちしております!