先輩研修医から

先輩1年次厚美先生

厚美 憲吾
(研修医1年目)

   医学生の皆さんこんにちは。初期臨床研修医1年目の厚美憲吾です。みなさまはこれからマッチングを控え、研修先の病院に悩まれていることだろうと思います。  自分が徳島県立中央病院を研修先と決めた理由は、実習で幾度とお世話になったということもありますが、なによりも実践的な能力を培うことができると思ったからです。ここでは徳島県の救急医療を担う急性期病院として一次から三次救急を扱う傍ら、隣接する徳島大学病院との連携も相まってより専門性の高い症例をも経験することができます。一方、医局では科の隔たりもなく気軽に上級医の先生に相談することができ、各科先生方もとても教育熱心でレクチャーやイベントの企画もしてくださります。一人でできるか不安なときでも、病棟のスタッフの方々や研修医の先輩方も積極的に手技や診療のアドバイスをしてくれるので困ることもありません。また、研修医同士でも毎週勉強会を開き、自分が経験した症例や学んだことを共有することで研鑽を重ねていくこともできます。 研修プログラムも自由度が高く、自分は何がしたい、これがしたいという要望を出せば応えてくれるというのも魅力の一つだと思います。ここだけでは伝えきれないこともたくさんありますが、学生向けに合同説明会や見学等順次実施していますので、是非お越しになって、病院の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。来年からともに働けることを心から楽しみにしています。

先輩2年次高丸先生

高丸利加子
(研修医2年目)

  こんにちは、初期臨床研修医2年目の高丸利加子です。当院では内科、外科、マイナー科のあらゆる専門科を全般的に学ぶことができ、さらに高度救命センターを開設していることから、1次救急から3次救急までさまざまな急性期疾患への対応を学ぶことができます。  また、先生方がとても優しく垣根が低いことから困ったことがあれば相談しやすい雰囲気があり、初期臨床研修が非常にしやすい病院といえるのではないでしょうか。さらに、県立中央病院の魅力としては、ドクターヘリ研修が初期研修医のうちからできることです。コードブルーに憧れて医師を目指した貴方に最適な居場所として、自信を持っておすすめいたします。 ここまで読んで興味を持ってくださった方がいれば、是非一度見学にいらしてください。ともに学び、働きましょう。県中でお待ちしております。