心臓血管外科

  • 診療概要

  • 診療体制

    平成28年度のスタッフは、筑後文雄(昭和63年 徳島大学卒)、加納正志(平成5年 徳島大学卒)、割石精一郎(平成5年 高知医科大学卒)、藤本鋭貴(平成7年 高知医科大学卒)の4名です。外来診療は、毎週(月):筑後、(水):加納、(木):割石、(金):藤本が担当しています。水:午後は下肢静脈瘤専門外来、第4または第5(金)の午後にペースメーカー外来を行っております。これら以外の日でも救急の患者さまにはいつでも対応させていただきます。

    外来診療日割り表はこちら

  • 治療方針ほか

    治療方針

    世界的に心臓血管外科領域では、患者さまに負担がかからないよう手術の低侵襲化がはかられています。

    当科でも開設時から、人工心肺を用いない冠動脈バイパス手術を導入し、また平成20年6月からは大動脈瘤に対する低侵襲治療でありますステントグラフト治療を積極的に行っております。下肢静脈瘤に対しては、保険適用のレーザー治療を導入しました。また、他の手術でも手術時間を短縮し、低侵襲手術を心がけております。

    もはやご高齢というだけで、安全に手術ができないということはありません。

    主な手術と説明

    冠動脈バイパス手術

    人工心肺を用いない心拍動下冠動脈バイパス術(off pump CABG)を導入しております。

    当科開設後に単独冠動脈バイパス術を受けられた方の平均年齢は70歳を超えていますが、待機手術例での院内死亡はなく、手術後は通常2週間程度でご退院が可能です。

    弁形成術、弁置換術

    僧帽弁閉鎖不全症に対しては、弁形成術を第一選択としています。また心房細動合併例にはMAZE手術を併用しています。

    高齢者の弁置換術では、手術後の抗凝固療法を行わなくてもよいよう、人工弁に生体弁を選択しています。

    大動脈瘤に対する手術

    待機的な大動脈瘤手術の成績は良好ですが、破裂例の救命率はまだまだ低く、やはり破裂前に発見し手術を行うことが重要です。特に最近当科では従来の開胸、開腹による人工血管置換術に加えて、体にやさしい低侵襲治療であるステントグラフト治療を積極的にとりいれて、ご高齢の方や、いろいろな合併症をお持ちの方にもより安全に低侵襲で手術を行えるようになってきています。

    体にやさしい低侵襲治療(ステントグラフト治療)について→こちら

    慢性下肢動脈閉塞症に対する血行再建手術

    血管内治療とバイパス手術の両者を行っています。

    最近は手術機材の進歩によりメスをいれることなく多くの場合が血管内治療が可能となってきました。しかし、病態によっては、まだまだバイパス手術の方が適切な場合があり、両者のコンビネーションでより患者さまに適した治療を心がけています。しかし、残念ながら切迫壊疽のような重症虚血肢になって初めて受診さる患者さまが少なからずおいでます。このような患者さまにも全力をあげて血行再建・救肢に努めております。

    下肢静脈瘤に対する手術

    患者さまの病状・病態に応じて、ストッキング圧迫療法、硬化療法、高位結紮術、ストリッピング術、血管内レーザー焼灼術を選択しています。

    伏在静脈の逆流・拡張が高度な場合、これまでは、弁が壊れた静脈を引き抜く“ストリッピング手術”が主流でしたが、傷跡をほとんど残さない保険適用のレーザー治療を導入しました。各種の治療法を組み合わせて、患者さまにご満足いただける治療を行っていきます。→こちら

  • 診療実績

    現在診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法

    当科では、成人心臓血管疾患を対象にした外科的治療を行なっています。

    虚血性心疾患、心臓弁膜症などの心疾患、不整脈、

    大動脈瘤や大動脈解離などの大動脈疾患、

    急性あるいは慢性の動脈閉塞症などの末梢動脈疾患、

    下肢静脈瘤や深部静脈血栓症などの静脈疾患

    などを対象としています。

  • 医師紹介

    • 医療局次長(外科系担当)

      筑後 文雄

      筑後 文雄ちくご ふみお

      Fumio Chikugo

      【得意とする分野】

      心臓血管外科

      【認定資格】

      • 日本外科学会専門医
      • 日本心臓血管外科学会専門医

      【所属学会】

      • 日本外科学会
      • 日本心臓血管外科学会
    • 加納 正志

      部長

      加納 正志かのう まさし

      Masashi Kano

      【得意とする分野】

      心臓血管外科
      低侵襲心臓手術(MICS)

      【認定資格】

      • 日本外科学会外科専門医・指導医
      • 日本心臓血管外科学会専門医・修練指導医
      • 血管内レーザー焼灼術指導医

      【所属学会】

      • 日本外科学会
      • 日本心臓血管外科学会(評議員)
      • アジア心臓血管外科学会会員
    • 割石 精一郎

      副部長

      割石 精一郎わりいし せいいちろう

      Seichiro Wariishi

      【得意とする分野】

      心臓血管外科

      【認定資格】

      • 日本外科学会外科専門医・指導医
      • 日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医・修練指導医
      • 日本集中治療医学会集中治療専門医
      • 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

      【所属学会】

      • 日本外科学会
      • 日本胸部外科学会
      • 日本心臓血管外科学会
      • 日本血管外科学会
      • 日本循環器学会
      • 日本集中治療医学会
  • 臨床研修