消化器内科

  • 診療概要

    当科では、消化管全域(食道から大腸まで)および肝胆膵と全般にわたり診療(診断と治療)に当たっています。とりわけ救急疾患(消化管出血や胆石発作など)および癌の診断と治療に対して力を注いでいます。

  • 診療体制

    外来は毎日、それぞれ2名の医師が診療にあたっています。外来受診は待ち時間短縮のためにも、かかりつけの先生方からの紹介状(かかりつけの先生からFAXでの予約ができます)をご持参のうえで来院されることをお勧めします。
    病棟診療は、内視鏡および消化器病の専門医が指導医として、担当医師と連携し診断や治療にあたり、さらに研修医の指導も行っております。

    外来診療日割り表はこちら

  • 治療方針ほか

    検査内容

    当科での内視鏡総件数は現在年間約5000件であり、以下のごとく各種内視鏡下の 特殊検査や治療を行っております。

    上部・下部内視鏡検査

    上部(食道、胃、十二指腸の一部)、下部(大腸)内視鏡検査は従来の白色光での検査に加え、特殊光(NBIやBLI)を用いた拡大内視鏡検査も施行しております。特殊光検査は癌の早期発見や後で述べますESD(内視鏡粘膜下層剥離術)前の精密検査(範囲および進達度診断)において非常に有用であります。

    小腸内視鏡検査・カプセル内視鏡検査

    小腸からの出血性病変や腫瘍に対する検査として、当科ではダブルバルーン内視鏡も施行しております。これまで目の届かなかった小腸深部により侵襲の少ない検査としてとても期待されています。また、新病院になってからは、カプセル内視鏡による検査も導入しております。カプセル内視鏡は文字通り、カプセルの形をしたチューブのない内視鏡で、お薬のように飲み込むだけでよいため患者さんの負担も少なく、現在では主に小腸の病気が疑われる場合の検査として使用されています。

    超音波内視鏡検査(EUS)・超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)

    内視鏡で目の届かない消化管粘膜の下の腫脹や、胆嚢、膵などにある病変に対し、内視鏡先端に装着されている超音波装置を用いて、消化管より超音波検査(EUS)を施行しています。

    病理組織が必要な病変には、超音波内視鏡で病変を確認しつつ組織採取(EUS-FNA)を施行しています。

    胆膵内視鏡検査

    胆道、膵臓の良悪性疾患に対し、内視鏡的逆行性胆管膵管造営検査(ERCP)、管腔内超音波検査(IDUS)による画像診断、ならびに病変からの生検、細胞診の検査を行っています。

    当院では年間約300件のERCPならびに関連手技(後述)を行っています。

    腹部造影超音波(エコー)検査

    肝腫瘍性病変に対し、ソナゾイドを用いた造影超音波検査(造影US)を行っています。

    通常断層像(Bモード)で描出困難な病変も造影USを行うことにより、抽出することが可能であり、存在診断・質的診断に有用です。また肝癌局所治療(後述)においても必須の検査法で、当院では年間約300件の検査を行っています。

    治療内容

    内視鏡的止血術

    食道静脈瘤破裂出血に対する緊急内視鏡止血術として静脈瘤結紮術 (EVL)や静脈瘤硬化療法(EIS)、消化性潰瘍出血(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)などについては緊急内視鏡下に局注、クリップ、最近では止血鉗子による凝固法によりほとんどの症例で止血が可能となり、きわめて良好な成績です。

    内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) [詳細]

    リンパ節転移がないと考えられる早期の胃癌や腺腫、ごく早期の食道癌に対して当科では、内視鏡下に病変を確実に取り除く治療法としてESDを積極的に施行して います。胃ESDは年間80例、食道ESDは年間10例ほど施行し、一括完全切除ができた患者さまからの再発はみられておらず、極めて有用な治療法であります。
    大腸腫瘍に関しては従来からポリープ切除(ポリペクトミー)や粘膜切除術(EMR)を年間200~300例施行してきております。大腸ESDは2cm以上の早期癌ないし高度異型腺腫に対して先進医療として行っておりましたが、平成24年春に保険収載され今後ますます施行数の増加が予想されます。平成24年末までにESD施行総数は1000例をこえ(食道ESD 60例以上、胃ESD 750例以上、大腸ESD 200例以上)、一括切除率95%以上と良好な成績を得ております。

    胆膵内視鏡治療

    胆道、膵臓の疾患に対し、内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)に引き続き、胆管・膵管ドレナージ、メタリックステント留置、胆管結石切石(切開術:EST、バルーン拡張術:EPBDやラージバルーン法)等の内視鏡治療を施行しています。重篤な胆道感染には緊急胆道ドレナージにて対応しています。さらに最近では胆膵領域の病変に対して超音波内視鏡検査(EUS)にて詳細な情報を収集可能となっており必要時には(針吸引細胞検査)FNAにて細胞や組織を採取することでより正確な病理組織学的診断をおこなっております。

    B型慢性肝炎、C型慢性肝炎、肝癌の治療 [詳細]

    B型やC型肝炎に対しても従来のインターフェロン治療に加えて最新の経口抗ウィルス治療を行っています。C型慢性肝炎(2型)については、インターフェロンなしの3ヶ月経口治療により、飛躍的に成功率も向上しています。特に難治性とされるC型慢性肝炎症例(ゲノタイプ1B 高ウィルス量)に対しても、ハーボニーなどを用いた新しい治療により90%以上の成功率となっています。また肝臓癌の治療として、経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)や経皮的アルコール注入療法(PEIT)、放射線科のカテーテル治療と協力し年間150件ほど治療を行っておりよりよい治療成績を目指しています。

    炎症性腸疾患に対する内科的治療

    炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)の症例数は豊富であり、難治例では白血球除去療法、免疫調節剤療法(イムラン、プログラフ)、抗TNFα抗体療法(レミケード、ヒュミラ)などを積極的に行っています。イムランは白血球数をみながら至適容量を調節しています。プログラフの導入により短期的には8割前後で効果がありました。レミケードについてもクローン病では9割前後、潰瘍性大腸炎では5割前後で効果がありました。ステロイドホルモンはできる限り使用せず、長期の寛解維持を目指していきます。

    (2014年4月現在)

    ステロイドホルモンはできる限り使用せず、長期の寛解維持を目指していきます。

    (クローン病に対するレミケードの治療効果)

  • 医師紹介

    • nakamoto_jirou_1

      医療局次長

      中本 次郎なかもと じろう

      Jiro Nakamoto

      【得意とする分野】

      内視鏡診断・治療(ERCP・EUS・小腸ファイバー等)

      がん化学療法

      【認定資格】

      • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
      • 日本消化器病学会専門医・指導医・四国支部評議員
      • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・四国支部評議員
      • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
      • 日本肝臓学会専門医

      【所属学会】

      • 日本内科学会
      • 日本消化器病学会
      • 日本消化器内視鏡学会
      • 日本肝臓学会
      • 日本がん治療認定医機構
      • 日本消化器がん検診学会
    • aoki_hidetoshi_H27

      部長

      青木 秀俊あおき ひでとし

      Hidetoshi Aoki

      【得意とする分野】

      内視鏡による消化器疾患の診断と治療

      特にESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)による

      早期食道・胃・大腸がんに対する内視鏡治療

      【認定資格】

      • 日本内科学会認定医・指導医
      • 日本消化器病学会専門医・指導医・四国支部評議員
      • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

      【所属学会】

      • 日本内科学会
      • 日本消化器病学会
      • 日本消化器内視鏡学会
    • shibata_hiroshi_H27

      部長

      柴田 啓志しばた ひろし

      Hiroshi Shibata

      【得意とする分野】

      肝炎診療と肝癌の経皮的治療

      食道胃静脈瘤の内視鏡治療

      【認定資格】

      • 日本内科学会認定医
      • 日本肝臓学会指導医
      • 日本消化器病学会専門医
      • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
      • JBCT日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医

      【所属学会】

      • 日本内科学会
      • 日本肝臓学会
      • 日本消化器病学会
      • 日本消化器内視鏡学会
      • JBCT日本がん治療認定医機構
    • 部長

      面家 敏宏おもや としひろ

      Toshihiro Omoya

      【得意とする分野】

      肝炎診療と肝癌の内科的治療

      【認定資格】

      • 日本内科学会総合内科専門医
      • 日本消化器病学会専門医
      • 日本肝臓学会専門医
      • 日本消化器内視鏡学会専門医
      • JBCT日本がん治療認定医機構がん治療認定医
      • 日本医師会認定産業医

      【所属学会】

      • 日本内科学会
      • 日本消化器病学会
      • 日本肝臓学会
      • 日本消化器内視鏡学会
      • JBCT日本がん治療認定医機構
      • 日本超音波医学会
      • 日本化学療法学会
    • 副部長

      髙橋 幸志たかはし こうじ

      Kouji Takahashi

      【得意とする分野】

      消化器内視鏡による診断と治療

      【認定資格】

      • 日本内科学会認定医
      • 日本消化器病学会専門医
      • 日本消化器内視鏡学会専門医

      【所属学会】

      • 日本内科学会
      • 日本消化器病学会
      • 日本消化器内視鏡学会
      • 日本糖尿病学会
    • 副部長

      大塚 加奈子おおつか かなこ

      Kanako Otsuka

      【得意とする分野】

      消化器疾患一般

      【認定資格】

      • 日本内科学会認定医
      • 日本消化器病学会専門医
      • 日本消化器内視鏡学会専門医

      【所属学会】

      • 日本内科学会
      • 日本消化器病学会
      • 日本消化器内視鏡学会
    • 辻 友里つじ ゆり

      Yuri Tsuji

      【得意とする分野】

      消化器疾患一般

      【認定資格】

       

      【所属学会】

       

    • 山本 貴之やまもと たかゆき

      Takayuki Yamamoto

      【得意とする分野】

       

      【認定資格】

       

      【所属学会】

       

    • 影本 開三かげもと かいぞう

      Kaizo Kagemoto

      【得意とする分野】

      消化器内視鏡治療、化学療法

      【認定資格】

      • 日本内科学会認定医
      • 日本消化器病学会専門医
      • 日本消化器内視鏡学会専門医

      【所属学会】

      • 日本内科学会
      • 日本消化器病学会
      • 日本消化器内視鏡学会
      • 日本癌治療学会
    • 宮本 佳彦みやもと よしひこ

      Yoshihiko Miyamoto

      【得意とする分野】

      消化器病一般

      【認定資格】

      • 日本内科学会認定医
      • 日本消化器病学会専門医
      • 日本消化器内視鏡学会専門医

      【所属学会】

      • 日本内科学会
      • 日本消化器病学会
      • 日本消化器内視鏡学会
      • 日本臨床腫瘍学会
      • 日本癌学会
  • 臨床研修