産婦人科

  • 診療概要

     高度急性期病院の産婦人科として、卵巣や子宮の良性腫瘍ならびに悪性腫瘍などで手術を必要とする患者さん、急性疾患で治療を要する患者さんや妊婦さんに対して診療を行っています。
     子宮頸癌、子宮体癌や卵巣癌などの悪性腫瘍に対してはそれぞれのガイドラインに沿った治療方針のもとに手術療法や化学療法を選択しています。子宮頸癌の手術療法では骨盤神経を温存した広汎子宮全摘出術(術後の排尿機能の回復が早い)や、適応を満たした場合には広汎子宮頸部摘出術(子宮体部の温存が可能)を行っています。平成26年4月から子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術が保険適応になりました。腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術を実施するには施設基準の取得が必要ですが、当科では平成26年12月から腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の保険診療を開始しています(手術実績参照)。
    ※平成31年2月23日(土)の徳島新聞に記事が掲載されました(掲載については新聞社から許可を得ています)。徳島新聞2019.2.23[PDF:1MB]
     良性卵巣腫瘍、子宮内膜症および子宮筋腫などの良性子宮腫瘍は腹腔鏡下手術を第一選択としておりますが(手術実績参照)、子宮内膜症によるダグラス窩完全閉塞や巨大子宮筋腫の子宮摘出術など難易度の高い症例も腹腔鏡下手術で行っています。
     当院ではNICUを有しているため早産リスクの高い妊婦さんを受け入れています。また院内助産を行っておりますので、希望される方は助産師外来でご相談下さい。

    ♡周産期についてはこちらをご覧下さい♡

     

    産婦人科部長 前川 正彦

  • 診療体制

    外来診療は2診制で、手術療法(鏡視下手術や婦人科癌に対する手術)や治療を要する急性期の産婦人科疾患(子宮脱などの骨盤臓器脱や不妊症は除きます)を対象に行っています。経過観察が可能となれば「かかりつけ医」でみていただくようになります。手術のため月曜日午後、火曜日午前・午後と木曜日午後は休診です。

    外来診療日割り表はこちら

  • 治療方針ほか

    治療方針

    子宮頸癌: ガイドラインに沿った治療(手術療法、放射線療法、化学療法)
          広汎子宮全摘出術(骨盤神経温存手術を含む)
           術後排尿機能は骨盤神経非温存例と比較すると良好です。
          広汎子宮頸部摘出術(適応のある症例に対して)
           子宮頸部のみを摘出し、温存した子宮体部と腟を縫合します。
    子宮体癌: ガイドラインに沿った治療(手術療法、放射線療法、化学療法)
          保険診療の適応に従い、腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(診療実績参照)を行っています。
    卵巣癌: ガイドラインに沿った治療(手術療法、化学療法)
    良性卵巣腫瘍: 腹腔鏡下手術
    子宮内膜症: 腹腔鏡下手術(閉塞したダグラス窩は開放し、腹膜病巣も摘出しています)
    子宮筋腫など良性子宮疾患:腹腔鏡下子宮全摘出術(TLH)(診療実績参照)
    子宮外妊娠、卵巣嚢腫茎捻転などの緊急手術:腹腔鏡下手術

  • 診療実績

    平成15年~平成30年の分娩件数

    fujinka_bunben_H30

     

    平成18年~平成30年の手術件数

    産婦人科OP件数H30

     

    子宮筋腫など良性子宮疾患での手術方法別の件数の推移

    産婦人科推移H30

    最近では巨大子宮、子宮頸部筋腫や子宮内膜症によって高度の癒着を伴うような手術難易度が高い子宮に対しても可能な限り腹腔鏡下手術(TLH)で行っているため、開腹手術(ATH)の頻度は年々減少しています。

     

    早期子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(進行期 IAまで)

      平成30年12月までに41例施行しました。開腹手術と比較すると手術時間は少し長くなりますが、腹壁の切開創が小さいため術後疼痛は軽減し、術後入院日数は5日間です。子宮体癌の半数以上の方が早期子宮体癌(stage IA)であり、腹腔鏡下手術の適応となっています。

    子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(進行期 IAまで)

     

    20190223tokushin

    徳島新聞2019.2.23[PDF:1MB]

     

    学会の指導医数、認定医数(平成31年4月1日現在)

    1.日本産科婦人科学会専門医 3名
    2.日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医 3名
    3.日本がん治療認定医機構認定医 2名
    4.日本内視鏡外科学会技術認定医 3名
    5.日本生殖医学会生殖医療専門医 1名
    6.母体保護法指定医 3名

    業績(学会発表)

     (悪性腫瘍関連)

      ○当科における早期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の導入と現状

         三谷龍史、宮谷友香、前川正彦

        第31回日本内視鏡外科学会、平成30年12月6-8日、福岡市

     

      ○早期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の導入と現状

         宮谷友香、前川正彦、三谷龍史

        第58回日本産科婦人科内視鏡学会、平成30年8月2-4日、松江市

     

      ○当科における子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の現状と治療成績

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第93回徳島産科婦人科学会、平成30年2月4日、徳島市

     

      ○当科における子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の現状

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史

        第23回四国産婦人科内視鏡手術研究会、平成29年10月7日、東温市

     

      ○当科における腹腔鏡下骨盤リンパ節郭清の現状

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第64回徳島婦人科腫瘍研究会、平成29年10月14日、徳島市

     

      ○子宮頸癌に対する骨盤神経温存広汎子宮全摘出術の手術成績

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第42回日本外科系連合学会、平成29年6月29日、徳島市

     

      ○子宮頸癌に対する骨盤神経温存広汎子宮全摘出術の手術成績

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第90回徳島産科婦人科学会、平成29年1月29日、徳島市

     

      ○子宮体癌に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の現状

         峯田あゆか、宮谷友香、三谷龍史、前川正彦、

        第69回中国四国産科婦人科学会、平成28年9月25日、高松市

     

      ○子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の現状

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香、峯田あゆか

        第56回日本産科婦人科内視鏡学会、平成28年9月2日、長崎市

     

      ○当科における子宮体癌に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の検討

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第87回徳島産科婦人科学会、平成28年1月31日、徳島市

     

      ○早期子宮体癌に対する腹腔鏡下悪性腫瘍手術の検討

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史

        第21回四国産婦人科内視鏡手術研究会、平成27年10月10日、徳島市

     

      ○早期子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の導入と手術形式

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史、市川冬輝

        第55回日本産婦人科内視鏡学会、平成27年9月10-12日、横浜市

     

      ○パネルディスカッション 徳島県の子宮頸癌の死亡率を減少させるために

       徳島県の子宮がん検診の現状と精密検査用紙の変更点について

         前川正彦

        第59回徳島婦人科腫瘍研究会、平成27年5月21日、徳島市

     

      ○当科における子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の検討

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第84回徳島産科婦人科学会、平成27年1月25日、徳島市

     

      ○当科における腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の取り扱い

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史

        第20回四国産婦人科内視鏡研究会、平成26年10月25日、高松市

     

      ○多発性子宮筋腫の精査を契機に発見された小腸GISTに対し全腹腔鏡下子宮摘出・小腸部分切除術を施行した1例

         前川正彦、宮谷知彦、川下陽一郎、井川浩一、八木淑之

        第27回日本内視鏡外科学会、平成26年10月2-4日、盛岡市

     

      ○腹腔鏡下手術後に低悪性度子宮内膜間質肉腫と診断された2例

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍二、山本由理、炬口恵理、佐竹宣法、工藤英治

        第54回日本産科婦人科内視鏡学会、平成26年9月11-13日、鹿児島市

     

      ○骨盤神経温存広汎子宮全摘出後の排尿機能の検討

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香、山本由理

        第81回徳島産科婦人科学会、平成26年1月26日、徳島市

     

      ○「パネルディスカッション 再発癌の治療 ―子宮体癌・卵巣癌―」

       再発卵巣癌の治療

         前川正彦

        第55回徳島婦人科腫瘍研究会、平成25年5月16日、徳島市

     

      ○片側神経温存広汎子宮全摘出術を施行し排尿機能を温存しえた若年子宮頸癌Ib1の1症例

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香、苛原 稔

        第45回四国産婦人科学会、平成24年7月14日、高知市

     

      ○閉経期前後で4cm未満の卵巣チョコレート嚢胞に合併した卵巣癌の2例

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史、甲斐由佳、名護可容、西條良香、西條康代

        第64回日本産科婦人科学会学術講演会、平成24年4月13-15日、神戸市

     

      ○広汎性子宮頸部摘出術を施行した子宮頸癌Ib1期の一症例

         前川正彦、三谷龍史、笠井由佳、佐竹宣法、廣瀬隆則、鎌田正晴、須藤真功、

         須藤文子、遠藤聡子

        第72回日産婦徳島地方部会、平成23年1月30日、徳島市

     

     (腹腔鏡下手術関連)

      ○Thiel法固定によるcadaverを用いた腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清トレーニング

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史

        第66回徳島婦人科腫瘍研究会、平成30年10月27日、徳島市

     

      ○当科におけるTLHの現状と開腹移行症例の検討

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香、前田崇彰

        第24回四国産婦人科内視鏡手術研究会、平成30年10月13日、高松市

     

      ○巨大子宮筋腫(摘出重量1000g以上)に対する腹腔鏡下子宮全摘出術の検討

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第58回日本産科婦人科内視鏡学会、平成30年8月2-4日、松江市

     

      ○TLHの導入は腹式子宮全摘出術の割合を減少させる

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第57回日本産科婦人科内視鏡学会、平成29年9月7-9日、岡山市

     

      ○当科における全腹腔鏡下子宮全摘出術(TLH)の現状

         三谷龍史、峯田あゆか、宮谷友香、前川正彦

        第90回徳島産科婦人科学会、平成29年1月29日、徳島市

     

      ○子宮体癌に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の現状

         峯田あゆか、宮谷友香、三谷龍史、前川正彦、

        第69回中国四国産科婦人科学会、平成28年9月25日、高松市

     

      ○子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の現状

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香、峯田あゆか

        第56回日本産科婦人科内視鏡学会、平成28年9月2日、長崎市

     

      ○当科における子宮体癌に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の検討

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第87回徳島産科婦人科学会、平成28年1月31日、徳島市

     

      ○1,000g以上の子宮筋腫に対する全腹腔鏡下子宮全摘出術(TLH)の検討

         市川冬輝、宮谷友香、前川正彦

        第28回日本内視鏡外科学会、平成27年12月10日、大阪市

     

      ○早期子宮体癌に対する腹腔鏡下悪性腫瘍手術の検討

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史

        第21回四国産婦人科内視鏡手術研究会、平成27年10月10日、徳島市

     

      ○早期子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の導入と手術形式

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史、市川冬輝

        第55回日本産婦人科内視鏡学会、平成27年9月10-12日、横浜市

     

      ○当科における全腹腔鏡下子宮摘出術の検討

         市川冬輝、宮谷友香、三谷龍史、前川正彦

        第55回日本産婦人科内視鏡学会、平成27年9月10-12日、横浜市

     

      ○当科における子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の検討

         前川正彦、三谷龍史、宮谷友香

        第84回徳島産科婦人科学会、平成27年1月25日、徳島市

     

      ○当科におけるTLH(全腹腔鏡下子宮摘出術)の現状

         宮谷友香、三谷龍史、前川正彦

        第84回徳島産科婦人科学会、平成27年1月25日、徳島市

     

      ○当科における腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の取り扱い

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史

        第20回四国産婦人科内視鏡研究会、平成26年9月25日、高松市

     

      ○多発性子宮筋腫の精査を契機に発見された小腸GISTに対し全腹腔鏡下子宮摘出・小腸部分切除術を施行した1例

         前川正彦、宮谷知彦、川下陽一郎、井川浩一、八木淑之

        第27回日本内視鏡外科学会、平成26年10月2-4日、盛岡市

     

      ○腹腔鏡下手術後に低悪性度子宮内膜間質肉腫と診断された2例

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍二、山本由理、炬口恵理、佐竹宣法、工藤英治

        第54回日本産科婦人科内視鏡学会、平成26年9月11-13日、鹿児島市

     

      ○多発性子宮筋腫と回腸GISTに対し全腹腔鏡下子宮摘出術および完全腹腔鏡下小腸部分切除術を同時に施行した1例

         宮谷友香、三谷龍二、前川正彦、宮谷知彦、川下陽一郎、森 勇人、井川浩一、八木淑之、

         北添健一、向所敏文、佐竹宣法、工藤英治、竹内麻由美、山崎 淳、中山孝善

        第54回日本産科婦人科内視鏡学会、平成26年9月11-13日、鹿児島市

     

      ○パネルディスカッション 「腹腔鏡下単純子宮全摘出術の現状と将来」

       地方公立病院における腹腔鏡下単純子宮摘出術の現状と将来

       -TLH導入に伴う腹式手術比率の推移-

         前川正彦

        第26回日本内視鏡外科学会、平成25年11月28-30日、福岡市

     

      ○全腹腔鏡下子宮摘出術の導入は腹式子宮全摘出術の比率低下に寄与する

         前川正彦、宮谷友香、三谷龍史、山本由理、炬口恵理

        第53回日本産科婦人科内視鏡学会、平成25年9月5-7日、名古屋市

     

      ○全腹腔鏡下子宮摘出術が腹式子宮全摘出術の割合に及ぼす影響に関する検討

         宮谷友香、三谷龍史、前川正彦

        第52回日本産婦人科内視鏡学会、平成24年9月13-15日、札幌市

    その他

    術前カンファレンス : 毎週火曜日

    婦人科がんカンファレンス : 月1回

    周産期カンファレンス : 月1回

  • 医師紹介

    • 副院長(医療安全・手術部門担当)

      前川 正彦

      前川 正彦まえがわ まさひこ

      Masahiko Maegawa

      【得意とする分野】

      婦人科腫瘍手術・腹腔鏡下手術

      【認定資格】

      • 日本産科婦人科学会(専門医、指導医)
      • 日本産科婦人科内視鏡学会(技術認定医)
      • 日本内視鏡外科学会(技術認定医)
      • 日本がん治療認定医機構(認定医)
      • 日本生殖医学会(専門医)

      【所属学会】

      • 日本産科婦人科学会
      • 日本産科婦人科内視鏡学会
      • 日本内視鏡外科学会
      • 日本がん治療認定医機構
      • 日本生殖医学会
      • 日本産婦人科腫瘍学会
      • 日本癌治療学会
      • エンドメトリオージス学会
    • 部長

      三谷 龍史みたに りゅうじ

      Ryuji Mitani

      【得意とする分野】

      周産期

      【認定資格】

      • 日本産科婦人科学会(専門医、指導医)
      • 日本産科婦人科内視鏡学会(技術認定医)
      • 日本内視鏡外科学会(技術認定医)
      • 日本がん治療認定医機構(認定医)

      【所属学会】

      • 日本産科婦人科学会
      • 日本周産期・新生児医学会
      • 日本産科婦人科内視鏡学会
      • 日本内視鏡外科学会
      • 日本がん治療認定医機構
    • 副部長

      宮谷 友香 みやたに ゆか

      Yuka Miyatani

      【得意とする分野】

      婦人科一般

      【認定資格】

      • 日本産科婦人科学会(専門医)
      • 日本産科婦人科内視鏡学会(技術認定医)
      • 日本内視鏡外科学会(技術認定医)

      【所属学会】

      • 日本産科婦人科学会
      • 日本産婦人科内視鏡学会
      • 日本内視鏡外科学会
      • 日本女性医学学会
  • 臨床研修

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード