眼科

  • 診療概要

    眼科では、眼科疾患全般を対象に診療を行っています。

  • 診療体制

    常勤医師3名で診療を行っています。
    視能訓練士2名が検査にあたります。
    外来診察は主に午前、午後は月・木曜日が手術、硝子体注射、火・水・金曜日が検査、レーザー治療やボツリヌス治療などを行っています。

    外来診療日割り表はこちら

  • 治療方針ほか

    治療方針

     地域連携室を通じて診療科を問わず、地域の医療機関からのご紹介をお受けしています。 大病院という特質を生かし、必要に応じて採血、CTやMRIなどの全身検査をスムーズに行い、また、他科と連携し総合的に疾患にアプローチします。

     全身疾患のため、他科との連携の上手術が必要な方の診療にも対応しています。

    主な検査

     緑内障や頭蓋内疾患の診断や経過観察のために視野検査を行っています。

     糖尿病網膜症や加齢黄斑変性などの眼底疾患の診療では、蛍光眼底造影検査を行っています。この検査により、網膜血管の障害部位や程度を詳細に把握し、その後の治療に役立てています。また、OCT検査(光干渉断層計)により、網膜断面を確認することができるようになり、より詳細に病変の状態を把握できるようになりました。最近では緑内障診療にもOCTを応用しています。

     そのほか、網膜機能を調べるERG(網膜電位図)や、眼筋機能精密検査なども行っています。

  • 診療実績

    現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法

     

    ① 手術一般

       局所麻酔下での手術が困難な患者さんには全身麻酔下での手術も可能です。

       透析中などの全身疾患、精神疾患、抗がん剤治療中などの患者さんも積極的に

       受け入れています。

     

      *白内障手術 : 局所麻酔下での日帰り手術、入院での手術のいずれも可能です。

      *硝子体手術 : 徳島大学病院スタッフを招へいし、手術を行っています。
              入院での手術となります。

     

       そのほか、翼状片、眼瞼下垂、眼瞼内反症、小児の睫毛内反症などに対する

       手術等を行っています。

     

    ② レーザー治療

       網膜裂孔、糖尿病網膜症、急性閉塞隅角症(いわゆる緑内障発作)、後発白内障などに対するレーザー治療を行っています。

     

    ③ ボトックス治療

       片側顔面けいれんや眼瞼けいれんに対して行っています。

    ④ 硝子体注射

      加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫などに血管内皮増殖因子阻害剤(抗VEGF薬)の注射を行っています。

  • 医師紹介

    • 部長

      武田 美佐

      武田 美佐たけだ みさ

      Misa Takeda

      【得意とする分野】

      眼科一般

      【認定資格】

      • 日本眼科学会専門医

      【所属学会】

      • 日本眼科学会
      • 日本眼科手術学会
    • 木下 導代きのした みちよ

      Michiyo Kinoshita

      【得意とする分野】

      眼科一般

      【認定資格】

      • 日本眼科学会専門医

      【所属学会】

      • 日本眼科学会
  • 臨床研修