小児科

  • 診療体制

    小児科医師8名で診療に当たっています。
    平日は月曜日から金曜日まで、午前と午後に外来診療をおこなっております。(受付は午前11:00まで)
    担当医師は午前と午後で異なります。
    平成25年4月1日から御紹介患者様・救急搬送患者様は、24時間対応とさせていただきます。
    また、小児救急に関しても、22:30~翌朝8:30まで対応させていただきます。
    御紹介の場合は、それ以外の時間帯も対応いたします。

    外来診療日割り表はこちら

  • 治療方針ほか

    治療方針

    入院患者様に対しては、グループ診療体制で治療にあたっています。

    カンファレンスで医師全員の議論をもとに、診断と最適な治療を目指しています。

    また、クリテイカルパスを導入し、ミスのない診療を目指しています。

    対象疾患

    痙攣性疾患(熱性けいれん・てんかん)
    ウイルス性感染症(インフルエンザ・水痘
    ムンプス・RSウイルス・ロタ ウイルス・手足口病など)
    細菌感染症(呼吸器感染症・消化器感染症・尿路感染症・髄膜炎など)
    呼吸器疾患(気管支喘息・細気管支炎など)
    循環器疾患 (先天性心疾患・川崎病など)
    腎臓疾患(尿路感染症・急性腎炎・急性腎不全など) その他

    主な検査と説明

    1. ウイルス迅速検査(インフルエンザ・RSウイルス・ロタウイルス・アデノウイルス):咽頭ぬぐい液や便などでウイルスを当日診断できます。
    2. 細菌抗原迅速検査(A群溶連菌・病原大腸菌O157・髄膜炎起炎菌):合併症の多い細菌感染症の迅速検査を行い、予後改善を目指します。特に髄膜 炎起炎菌については薬剤感受性試験をディスク法だけでなくMIC法でも行い良好な治療成績を得ています。
    3. 心エコー検査・腹部エコー検査・CT・MRI・脳波検査など:体動を避けるため3歳未満の方はシロップの入眠剤を使って検査する必要があります。
    4. 学校検尿で陽性といわれた方には早朝尿と来院時尿検査を2~3回繰り返します。それ以外に血圧測定・血液検査・腹部エコー検査を行い総合的に判断し、必要時には腎生検を行う相談をさせていただきます。
      祝休日

    8:30

     

     

    18:00

    最寄りの医療機関を受診して下さい

    ○「夜間休日診」

    9:00~17:00 ※

    ○「夜間休日診」

    9:00~17:00

    19:30

     

    22:30

    翌日 8:30

    ○徳島市夜間休日急病診療所(略:「夜間休日診療所」)

    ○「夜間休日診」

    18:00~22:30

    ○「夜間休日診」

    18:00~22:30

    ○県立中央病院 ○県立中央病院

    ※ 日曜日は、当面、

    ・吉野川医療センター(2・4週のみ(診療時間:9:00~17:30))

    ・阿波病院(1・3・5週のみ(診療時間:病院にお問い合わせください))

    が、かかりつけ患者等の診療を行います。

    <月~土> 8:30~19:30 最寄りの医療機関 小児科
      19:30~22:30 徳島市夜間休日急病診療所
      22:30~翌8:30 県立中央病院
    <日・祝日> 9:00~17:00 徳島市夜間休日急病診療所
      18:00~22:30 徳島市夜間休日急病診療所
      22:30~翌8:30 県立中央病院

    <紹介患者及び救急搬送患者の受入体制>

    県立中央病院で、24時間365日受入を行います。

  • 診療実績

    現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療、検査

    川崎病・気管支喘息・てんかん・RSウイルス細気管支炎・細菌性髄膜炎・尿路感染症・慢性腎炎・ネフローゼ症候群など小児科全般です。

    入院患者数 (NICUを含む)

    平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
    486 名 484 名 628 名 752 名 782 名 1481 名 1440名 1309名 1292名 1095名

    平成29年 小児科入院 病名(内訳)

    病名 件数 病名 件数
    RSウイルス感染症 149 川崎病 68
    インフルエンザ 15 急性心不全 1
    突発性発疹 6 喘息 42
    EBウイルス感染症 8 食物アレルギー 45
    無菌性髄膜炎 4 アナフィラキシー 3
    アデノウイルス感染症 15 ロタなど胃腸炎 60
    ムンプス 7 サルモネラ・カンピロ腸炎・その他の細菌性腸炎 6
    敗血症・菌血症 4 腸重積 11
    マイコプラズマ感染症 23 虫垂炎 14
    溶連菌感染症 4 胃食道逆流症・その他の消化器疾患 11
    急性頚部リンパ節炎 6 アセトン血症嘔吐 12
    肺炎・気管支炎 122 血小板減少性紫斑病 4
    喉頭炎・咽頭炎 96 尿路感染症 22
    中耳炎・急性副鼻腔炎 4 慢性腎炎・腎盂腎炎 4
    熱性痙攣   44 アレルギー性紫斑病 5
    痙攣重積 26 その他 105
    急性脳症 4 【一般小児 科合計】 966
    その他の神経疾患 16

    平成29年 NICU/GCU(内訳)

    出生体重 人数

     ●入院経路

      院内出生児(50名)

      徳島大学病院よりご紹介(16名)

      その他の病院よりご紹介(63名)

     

     ●人工呼吸管理(18名)

    1500g 2
    1500-2000g 8
    2000g-2500g 34
    2500g以上 85
    【新生児 合計】 129
    総数 (小児科+新生児)  1095 
  • 医師紹介

    • 森 一博

      部長

      森 一博もり かずひろ

      Kazuhiro Mori

      【得意とする分野】

      小児科全般・超音波医学・小児循環器

      【認定資格】

      • 日本小児科学会指導医
      • 日本超音波学会指導医
      • 日本小児循環器学会専門医

      【所属学会】

      • 日本小児科学会
      • 日本超音波学会
      • 日本小児循環器学会
      • 日本心エコー図学会(理事)
      • 日本小児超音波研究会(理事)
    • 医長

      木下 ゆき子きのした ゆきこ

      Yukiko Kinoshita

      【得意とする分野】

      小児科腎臓病学

      【認定資格】

      • 小児科専門医
      • 腎臓専門医

      【所属学会】

      • 日本小児科学会
      • 日本小児腎臓病学会
      • 日本腎臓学会
      • 日本小児リウマチ学会
    • 医長

      渡邊 典子わたなべ のりこ

      Noriko Watanabe

      【得意とする分野】

       

      【認定資格】

      •  

      【所属学会】

      • 日本新生児学会
      • 小児循環器学会
    • 医長

      佐々木 亜由美ささき あゆみ

      Ayumi Sasaki

      【得意とする分野】

      小児科全般

      【認定資格】

      • 小児科専門医

      【所属学会】

      • 日本小児科学会
      • 日本アレルギー学会
    • 医員

      小野 朱美おの あけみ

      Ono Akemi

      【得意とする分野】

      小児循環器

      【認定資格】

      • 小児科専門医

      【所属学会】

      • 日本小児科学会
      • 小児循環器学会
      • JPIC
      • 日本心エコー図学会
    • 医員

      古本 哲朗ふるもと てつろう

      Tetsuro Furumoto

      【得意とする分野】

       

      【認定資格】

      •  

      【所属学会】

      •  
    • 武井 美貴子たけい みきこ

      Mikiko Takei

      【得意とする分野】

      小児科全般

      【認定資格】

      •  

      【所属学会】

      • 日本小児科学会
  • 臨床研修