臨床工学科について

  • 基本情報

    理念

    生命維持管理装置の操作および保守点検を主業務とし、安全で安心な医療を提供することで、チーム医療に貢献する。

    基本方針

    ・円滑な診療支援のための知識・技術の向上
    ・医療機器の保守点検・安全使用のために必要となる情報の収集と発信。

    施設基準(加算)

    ・医療機器安全管理料

    ・透析液水質確保加算

    ・呼吸ケアチーム加算

  • 運営体制

    組織体制

    組織体制_臨床工学

    構成メンバー

    ・臨床工学科長 1名

    ・臨床工学技士 6名

  • 活動内容

    業務内容

    当科では現在7名の臨床工学技士が業務を行い、夜間、休日オンコール体制を取り、緊急業務にも対応しています。

    血液浄化業務

    透析室では、10床のベッドを有し、外来維持透析、周術期透析、血漿交換および血液吸着(エンドトキシン、薬物)、LCAP,GCAPなどを行っています。また、透析液の清浄化、コンソールの管理などの機器管理、患者さんへの穿刺・抜針、透析中のバイタルなどの患者管理も行います。

     血液浄化業務 血液浄化業務

    手術室業務

    心臓手術における人工心肺装置や心筋保護装置、自己血回収装置の操作、生体情報モニター、体外式ペースメーカのセッティング、急変時には補助循環装置(IABP,PCPS)の操作、管理を行っています。

    手術室業務 手術室業務

    心臓カテーテル業務

    カテーテル業務では、ポリグラフでの術中の患者さんの心電図、血圧などの生体情報の記録、急変時には除細動装置や補助循環装置の操作を行います。

    心臓カテーテル業務

    集中治療室業務

    集中治療室では、主に急性血液浄化、周術期透析、血液吸着(エンドトキシン、薬物)、を行っており、また、人工呼吸器やIABP、PCPSなどの多くの生命維持管理装置の操作および管理を行っています。

    ペースメーカ関連業務

     

    ペースメーカ業務では除脈性不整脈から頻脈性不整脈の治療機器(ペースメーカ、ICD、CRTD)の埋め込み手術の立会いからペースメーカ外来でのチェックまで一連した業務をしています。


     

    ME機器管理業務

    院内で使用している医療機器 (人工呼吸器、輸液・シリンジポンプなど)の日常点検・定期点検を通じて医療機器を安全に使ってもらえるように管理及び情報の発信を行っています。

    ME機器管理業務