感染症制御センター

  • ご挨拶

    感染症制御センターは、医師、看護師、薬剤師、細菌検査技師、事務職員により形成される職種横断的な部門で平成28年4月に設立されました。徳島県立中央病院における院内感染防止対策、職員教育、職員健康管理を担当しています。また、感染症内科、インフェクションコントロールチームと連動し、病院感染対策上重要な微生物の動向を常に把握し、迅速かつ適切な対応をとることで、患者の皆様が、安心、安全な医療を受けられ、職員が安全な医療を提供できるよう日々活動を続けております。

    感染症制御センター長 山口 普史

  • 組織図

    感染制御センター組織図
  • 活動内容

    月曜日

    ●抗菌薬適正使用支援チーム[Antimicrobial stewardship team (AST)]カンファレンス
    主にカルバペネム系抗菌薬や抗MRSA薬の適正使用についてカンファレンスを行っています。

    ●感染症病床・結核病床の入院患者のチェック

    水曜日

    ●感染制御チーム[Infection control team (ICT)]カンファレンス・ラウンド
    ICTメンバーと研修医が参加し、血液培養陽性患者、耐性菌検出患者リストをもとに、症例毎に抗菌薬適性使用や起炎菌の判定についてカンファレンスを行っています。必要あれば担当医にフィードバックし情報を共有しています。

    木曜日

    ●院内環境ラウンド
    多職種により毎週下記内容をテーマ毎にわけて全病棟をラウンドし、各病棟に改善点をフィードバックしています。

    ・手指衛生、感染経路別予防策、マスク、エプロンなどの個人防護具の適切な使用、末梢静脈や中心静脈カテーテルの管理、膀胱留置カテーテルの管理、器材の洗浄消毒、廃棄物の管理、トイレの清掃状況など

    金曜日

    ●経路別感染対策カンファレンス
    入院患者の病状の変化や検出菌の変化に応じて、経路別感染対策(接触予防策、飛沫予防策、空気予防策)を見直します。

    院内感染対策研修会

    感染症や感染予防対策の知識向上のため、毎月1回全職員に対し院内感染対策研修会を行っています。また、年2回、外部講師を招聘し講演をしていただいています。

    院内感染対策研修会

    平成29年2月 院内感染対策研修会

  • お知らせ

    院内感染対策のための指針

    院内感染対策のための指針(H28更新)[PDF:137KB]

    臨床研修

    感染症内科・感染症制御センターは、平成31年度から初期臨床研修(ローテート研修)2年次の選択科目で研修ができるようになりました。学生、研修医あるいは感染症に興味ある若手医師の方の見学希望あれば下記にご連絡ください。

    〒770-8539 徳島県徳島市蔵本町1丁目10-3
    徳島県立中央病院 総務担当
    電 話:088-631-7151(内線2716)
    E-mail:kenshu@tph.gr.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード