徳島県立中央病院「シンボルマーク」の決定について

公開日 2012年07月20日

 新病院開院記念事業として、「強くて優しい病院」の実現に向け取り組む

「新生・県立中央病院」にふさわしい「シンボルマーク」が決定しました。

 

 

 【徳島県立中央病院シンボルマーク】

 徳島県立中央病院シンボルマーク.jpg

(コンセプト)

 全体が眉山、右下は病院の位置であり、徳島県の人々の命を守る最後の砦を意味している。

また、山という自然をモチーフとすること、2つの半円と、緑、藍の2色で構成することで、

「強い病院」「優しい病院」をイメージしている。