高校生地域医療現場体験ツアーを実施しました

公開日 2018年07月30日

 7月30日、高校生たちが地域医療について学ぶ「地域医療現場体験ツアー」が、当院で行われました。参加したのは医師・看護師など医療関係を志望する県内9高校の50人。この日は、看護師、職員から説明を受けながら手術室、検査室など見て回り、その後、美馬市木屋平の国民健康保険木屋平診療所へ向かいました。ツアーは若い世代に地域医療の現場を知ってもらおうと、徳島県が毎年、実施しています。

 ガイダンスでは西村院長が高齢化社会の進行、医師の年齢に触れ、「東京では30、40代の医師が多く、それが県内では50代が中心というのが現状です。これからは女性にも頑張ってもらわないと徳島の医療は成り立ちません」などと、激励しました。

 高校生たちは4班に分かれて、ICU、救命救急センターやDSA(血管造影検査)など見学し、病院屋上のドクターヘリ基地では、待機中のヘリに乗り込みました。最後に藤永医療局次長(医学教育センター長)が「患者さんへの優しさ、思いやり、チームとして頑張ることが大切」と話しました。

P1170297 P1170313

P1170310 IMG_1445