平成30年度 徳島県立中央 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1193 216 232 314 651 999 2064 2741 1979 392
当院の退院患者数を年齢階層別に見ると70~79歳が最も多く、次いで60~69歳、80~89歳となっており、全体の約6割(6784症例)を占めています。
また、当院は小児救急医療拠点病院、地域周産期母子医療センターも指定されており0~9歳も1193症例と多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 96 7.09 10.00 3.13 71.58  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 78 17.83 19.06 29.49 73.22  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 17.45 20.92 65.45 81.47  
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 32 7.47 10.62 0.00 64.34  
040110xxxxx2xx 間質性肺炎 手術・処置等22あり 29 23.34 27.91 27.59 77.24  
肺癌に対する化学療法を行った症例が最も多く、これらは院内化学療法委員会で認定されたレジメンと化学療法パスを併用し均てん化した治療を行っています。
前年度と比較すると、間質性肺炎の症例は手術・処置なし、手術・処置あり共に増加していますが、誤嚥性肺炎の症例は-31症例と減少しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 153 5.83 10.08 8.50 72.14  
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 130 5.38 8.22 1.54 75.88  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 78 6.05 8.52 1.28 74.09  
060340xx03x01x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病あり 48 11.48 19.46 22.92 80.19  
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 8.55 13.07 4.55 62.11  
前年度と比較すると、2位であった胆管結石、胆管炎に対する治療の症例が増加し1位となっています。
次いで、肝癌に対するラジオ波焼灼、胃癌に対する内視鏡的治療、肝硬変の治療の順となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 372 2.37 3.01 0.27 70.01  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 208 3.17 4.47 1.44 71.27  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 86 9.71 12.52 9.30 67.91  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 15.86 17.66 29.63 81.26  
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 2.46 3.15 0.00 72.08  
狭心症、虚血性心疾患に対する心臓カテーテル検査・治療症例が上位を占めています。次いで急性心筋梗塞に対するカテーテル治療となっています。
急性心筋梗塞に対しては連携パスを使用し、救急患者の速やかな受け入れと早期退院や転院を勧めています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 185 5.19 6.19 0.54 0.81  
030270xxxxxxxx 上気道炎 126 4.36 4.96 0.00 1.63  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 4.98 6.62 1.04 3.29  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 7.53 6.17 1.23 0.00  
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 74 3.57 5.42 0.00 3.72  
当院は小児救急にも力を入れており、急性期疾患を多く受け入れています。急性気管支炎、上気道炎、喘息等の呼吸器系疾患が多く、次いで低出産体重児に対する治療、ウイルス性腸炎となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 133 5.25 7.30 7.52 62.74  
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 107 8.25 11.87 9.35 70.20  
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 88 2.69 4.96 0.00 70.49  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 13.15 15.30 21.74 70.33  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 7.33 8.95 6.52 68.93  
胆嚢炎等に対する手術症例が最も多く、肺癌、鼠径ヘルニア、大腸癌の手術症例となっています。多くが侵襲性の低い鏡視下手術を行っています。
その他の疾病に対しても、鏡視下又は鏡視下補助手術も積極的に行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 52 18.96 26.30 96.15 77.37  
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 43 14.88 16.80 44.19 68.47  
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 38 16.63 20.71 55.26 65.42  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 33 20.06 24.26 100.00 75.97  
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 28 16.68 21.39 60.71 70.21  
股関節大腿近位骨折に対する人工骨頭挿入術、脊柱管狭窄症に対する手術が上位を占めています。手術後、急性期治療が終了した後に速やかに近隣の慢性期リハビリテーション病院等へ紹介を行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 14 4.50 4.05 0.00 49.36  
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 11 6.18 5.37 9.09 36.09  
070395xx971xxx 壊死性筋膜炎 手術あり 手術・処置等1あり - - 60.74 - -  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.16 - -  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 12.51 - -  
皮膚の良性腫瘍に対する摘出術が最も多く、次いで顔面損傷に対する整復術、壊死性筋膜炎に対する手術となっています。
前年度と比較すると、皮膚の良性腫瘍に対する摘出術、壊死性筋膜炎に対する手術の症例が増加しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 11.22 9.69 35.14 79.00  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 8.16 7.35 24.00 46.08  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 14.08 16.18 50.00 69.54  
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 16.39 18.72 65.22 73.13  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 21 2.05 3.02 0.00 59.24  
頭蓋・頭蓋内損傷に対する治療が最も多く、次いで脳梗塞に対してエダラボン投与、非外傷性頭蓋内血腫となっています。頭蓋・頭蓋内損傷では、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 113 2.00 2.85 0.00 61.81  
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 85 10.35 12.01 8.24 76.51  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 3.16 3.01 2.00 74.76  
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 4.00 5.50 11.11 70.41  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 6.58 11.01 5.26 77.68  
下肢静脈瘤に対する手術症例が最も多く、下肢静脈瘤血管内焼灼術を最も多く行っています。次いで大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術、狭心症・慢性虚血性心疾患に対するカテーテル治療等となっています。
前年度と比較すると、下肢静脈瘤に対する手術症例は+34症例、大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術は+19症例と増加しています。
大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術は体への負担が少ない低侵襲性治療のため、当院では積極的に行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 67 4.84 6.16 0.00 46.57  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 41 4.90 6.28 0.00 47.07  
120100xx02xxxx 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 33 5.03 6.75 0.00 45.70  
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 28 2.04 2.96 0.00 49.64  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 26 2.81 4.85 0.00 65.04  
子宮平滑筋腫等の良性腫瘍に対する手術症例が最も多く、次いで卵巣の良性腫瘍、子宮内膜症に対する手術症例となっています。これらの手術に対して積極的に鏡視下手術を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 61 2.05 2.84 0.00 79.33  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 14 2.50 5.39 21.43 74.86  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 - - 6.16 - -  
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.37 - -  
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 - - 7.52 - -  
白内障に対する水晶体再建術の手術症例が最も多く、次いで硝子体疾患、結膜の障害、糖尿病性増殖性網膜症の手術症例となっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 64 7.00 7.04 0.00 57.34  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 49 8.27 7.89 0.00 19.55  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 41 5.37 9.02 0.00 54.41  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 36 5.56 7.37 5.56 63.14  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 35 5.69 5.43 0.00 40.54  
慢性副鼻腔炎に対する治療が、前年度同様、最も多い症例となっています。前年度は3位であった扁桃、アデノイドの慢性疾患症例が+8症例で2位となっています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 23 6.04 16.98 0.00 69.26  
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 7.30 10.42 5.00 78.30  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 3.43 - -  
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり - - 23.39 - -  
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり - - 23.14 - -  
放射線科では、主にIVR(画像下治療)や悪性腫瘍に対する放射線治療、各種検査等を行っています。脳腫瘍に対する放射線治療が最も多く、次いで肝癌・肝内胆管癌に対する血管塞栓術、肺癌に対する生検となっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 5.19 7.28 16.22 60.89  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 35 11.49 16.18 34.29 67.00  
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし15歳以上 18 10.89 12.09 5.56 51.56  
010230xx99x01x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 12 21.83 21.72 58.33 74.75  
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.16 - -  
てんかんに対する治療の症例が最も多く、次いで脳梗塞、脳脊髄の感染を伴う炎症の症例となっています。前年度と比較すると、脳脊髄の感染を伴う炎症の症例は+7症例となっています。神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋にわたる疾患も対象としています。脳梗塞症例は、脳神経外科と連携をとり治療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 22 11.41 12.51 18.18 72.50  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 3.56 - -  
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし - - 3.27 - -  
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 11.89 - -  
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2なし - - 9.93 - -  
膿皮症に対する治療の症例が最も多く、次いで薬物中毒、外傷の症例となっています。前年度症例と比較すると、外傷、熱傷に対する治療症例が増加しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 118 1.82 2.53 0.00 71.16  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 117 5.67 7.20 0.85 74.85  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 117 4.54 5.62 2.56 62.74  
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 74 8.68 12.63 1.35 71.64  
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 副傷病なし 67 2.43 4.29 1.49 65.19  
前立腺の悪性腫瘍に対する生検の症例が最も多く、次いで膀胱腫瘍、上部尿路疾患、前立腺の悪性腫瘍に対する手術症例となっています。前年度と比較すると前立腺の悪性腫瘍に対する手術が+6症例となっています。前立腺の悪性腫瘍に対する手術は、大半がロボット補助下(ダ・ヴィンチ)で行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 109 9.28 16.17 0.00 70.60  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 64 18.17 32.36 1.56 66.05  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 42 31.64 40.13 7.14 63.02  
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 34 9.47 21.33 0.00 75.47  
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 30 9.30 13.75 0.00 71.87  
非ホジキンリンパ腫に対するリツキサンを用いた化学療法症例が最も多くなっています。次いで非ホジキンリンパ腫、急性白血病の化学療法のための抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植え込み型カテーテル設置と同時に化学療法を行った症例となっています。前年度と比較すると、非ホジキンリンパ腫、急性白血病、骨髄異形成症候群ともに増加症例となっています。
糖尿病代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 7.38 13.50 6.25 64.25  
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 15 10.87 13.90 0.00 59.13  
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 12 12.33 14.27 16.67 66.25  
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 - - 11.05 - -  
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし - - 10.03 - -  
2型糖尿病に対する症例が最も多くなっています。2型糖尿病に対する治療は、クリニカルパスに沿った教育入院やインスリン導入等の体制を整えています。治療に対しては、医師、看護師、他職種が関わり包括的なケアを提供しています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 2.67 3.56 9.52 48.21  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 32 9.69 12.58 21.88 69.91  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 28 15.82 19.01 46.43 78.00  
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 3.93 5.73 7.14 68.14  
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 12 9.83 10.03 33.33 76.83  
薬物中毒に対する症例が最も多く、次いで腎臓または尿路感染症、敗血症の症例となっています。前年度と比較すると、薬物中毒は+12症例、敗血症は-7症例となっています。体温異常に対する症例は増加しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 103 11 13 10 14 40 1 7,8
大腸癌 30 30 58 39 30 42 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 7,8
肺癌 74 24 50 97 17 141 1 7,8
肝癌 43 - 10 - - 127 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けております。
診療科・部門を超えてチーム医療を行ない、「手術」「放射線治療」「化学療法」「緩和ケア」等を組合せ、患者さんの状態やがんの種類に応じた治療を行なっています。

胃がんをはじめ、早期であるⅠ期の割合が多く、早期発見後、内視鏡治療や、体腔鏡治療など患者さんへの負担の少ない治療を多く行えていることがわかります。

大腸がんはこの他に0期という最も早期のステージ割合も高くなっています。また外来でEMRなどの治療も行なっています。

乳がんは外来にて連携医さんから紹介をいただき、乳房温存手術後の放射線療法も多く行なっております。
初発・再発合わせて19症例ありました。

肺がんの再発症例も多くなっていますが、これには化学療法の予定された再入院患者数が含まれています。様々なレジメン等病状にあった治療法を積極的に行なっています。

肝がんは治療後に再発することが多い疾患ですがRFAやTAEなど病状にあった治療法を組み合わせてよりよい治療成績を目指しています。

「5大がん」とは、胃がん・大腸がん・肝がん・肺がん・乳がんのことをいいます。
「初発」とは、当院において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に、局所再発・再燃又は新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 7.00 49.81
中等症 120 13.94 74.73
重症 38 15.29 84.45
超重症 9 24.11 81.33
不明 0 0.00 0.00
成人市中肺炎とは、普段の生活の中で成人が罹患した肺炎です。
症例数で見ると、前年度同様、中等度が最も多く、次いで重症となっています。
重症度が高いほど、平均年齢が高く、平均在院日数も長くなる傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 194 16.88 73.80 54.95
その他 - - - -
脳梗塞(I63$)の発症から3日以内の急性期の患者さんが最も多い症例となっています。その他は、10症例未満のため”-”で表記しています。
当院では、脳卒中の地域連携パスを積極的に推奨しており、地域の医療機関と密に連携をとっています。
そのため脳梗塞(I63$)の転院率は54.95%と高くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 15 1.67 9.87 33.33 71.07  
K386 気管切開術 - - - - -  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
呼吸器内科では、血管塞栓術を最も多く実施しており、あらゆる呼吸器疾患に対して、迅速な治療を行っています。
血管塞栓術、埋込型カテーテル設置は放射線科、気管切開術は耳鼻咽喉科と他診療科と連携し治療を行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超えるもの)(その他のもの) 80 1.15 3.73 3.75 76.89  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 77 1.01 4.08 1.30 74.17  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 74 1.00 4.15 8.11 73.42  
K654 内視鏡的消化管止血術 66 0.26 5.53 18.18 73.11  
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内のもの)(その他のもの) 54 1.19 3.11 0.00 72.89  
消化器内科では、肝悪性腫瘍に対する肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(RFA)が最も多く実施されています。前年度と比較すると(2㎝を超えるもの)は増加しています。
胃悪性腫瘍に対する内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)、胆管系疾患に対する内視鏡的乳頭切開術も実施しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 146 1.53 1.58 2.74 71.98  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 79 0.03 16.13 11.39 67.03  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 52 0.12 11.48 9.62 71.87  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 47 1.70 1.43 2.13 69.23  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 21 4.67 9.71 23.81 84.00  
循環器内科では、急性冠症候群を含めた虚血性心疾患に対して経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く実施しています。
また、急性心筋梗塞に対する地域連携パスの病診連携も積極的に行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 12 0.58 1.42 0.00 2.08  
K384-2 深頸部膿瘍切開術 - - - - -  
K0601 関節切開術(肩,股,膝) - - - - -  
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 - - - - -  
小児科では、腸重積症整復術(非観血的なもの)を多く実施しています。
小児救急による急性期疾患を受け入れているため、平均年齢が低い小児に対応しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 157 1.08 3.68 8.28 63.11  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 79 1.34 7.47 5.06 69.85  
K6335 鼠径ヘルニア手術 50 0.34 1.78 2.00 75.30  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 49 2.14 9.94 22.45 72.00  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 43 0.67 3.16 2.33 45.21  
外科では、腹腔鏡下胆嚢摘出術を最も多く実施しています。クリニカルパスに沿って入院を行い、侵襲の少ない手術で術後3.68日という短期間で退院ができます。
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術は、前年度と比較すると+10症例となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 55 1.05 17.02 98.18 73.62  
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 52 3.19 11.56 82.69 69.48  
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 52 2.46 17.02 69.23 69.65  
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 51 1.06 13.20 50.98 66.51  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 37 1.81 14.86 59.46 67.59  
整形外科では、股関節、膝関節に対する人工関節置換術を最も多く実施しています。次いで、大腿骨骨折に対する骨折観血的手術、脊柱管狭窄症に対する
脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 1.57 10.16 37.84 82.35  
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 13 1.08 28.15 76.92 65.69  
K1781 脳血管内手術(1箇所) 13 1.00 20.62 38.46 67.15  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -  
脳神経外科では、硬膜下血腫に対する手術症例が最も多く、手術症例の約半数を占めています。
脳血管障害に対する手術も行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 109 0.00 1.00 0.00 61.41  
K5612ロ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈) 64 2.16 8.00 14.06 77.06  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 29 0.83 2.45 6.90 69.83  
K5612イ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈) 26 3.88 11.04 3.85 73.31  
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 13 4.15 17.92 15.38 72.15  
心臓血管外科では、下肢静脈瘤に対する手術を最も多く実施しています。前年度と比較すると+35症例となっています。
次いで大動脈瘤に対するステンドグラフト内挿入術、慢性動脈閉塞症に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術となっています。
ステンドグラフト内挿入術は、大動脈瘤(腹部・胸部)に対して低侵襲治療で、小切開、穿刺法で実施する血管内治療です。
低侵襲のため、術後早期の社会復帰が可能です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 95 1.00 2.99 0.00 48.96  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 40 0.88 3.00 0.00 47.83  
K861 子宮内膜掻爬術 28 0.00 0.00 0.00 47.46  
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 28 0.14 0.89 0.00 49.64  
K8862 子宮附属器癒着剥離術(両側)(腹腔鏡) 18 1.11 3.00 0.00 44.00  
産婦人科では、腹腔鏡下腟式子宮全摘出術を最も多く実施しています。前年度と比較すると+35症例となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 74 0.08 1.05 4.05 78.51  
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -  
K279 硝子体切除術 - - - - -  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -  
K203 涙嚢摘出術 - - - - -  
眼科では、白内障に対する水晶体再建術が大半を占めています。(局所麻酔の日帰り手術、入院による手術のいずれも可能です。)
局所麻酔下での手術が困難な患者さんには全身麻酔下での手術も行っています。
前年度と比較すると、硝子体疾患による手術も増加しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 51 1.00 6.71 0.00 18.16  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 39 1.08 5.05 0.00 60.54  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 30 1.00 5.07 0.00 57.03  
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 25 1.20 3.56 12.00 67.48  
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 12 1.25 4.92 0.00 59.75  
耳鼻科では、若年層の口蓋扁桃手術を最も多く実施しています。次いで、副鼻腔に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術、喉頭腫瘍による喉頭腫瘍摘出術となっています。
前年度と比較すると、副鼻腔な対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術、耳下腺腫瘍に対する耳下腺腫瘍摘出術も増加しています。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 21 1.00 5.48 9.52 79.29  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -  
K136 脊椎,骨盤悪性腫瘍手術 - - - - -  
放射線科では、血管塞栓術を最も多く実施しています。血管塞栓術は、癌組織に流入する血管を遮断して癌組織を死滅させたり、外傷による消化管出血等の出血部位の血管を止血する治療です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 119 1.39 3.57 1.68 74.87  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 113 1.05 2.29 3.54 63.09  
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 74 1.07 6.61 1.35 71.64  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 35 1.40 7.46 5.71 75.40  
K803-22 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術(全摘(回腸又は結腸導管を利用して尿路変更を行うもの)) 16 1.38 18.56 37.50 74.63  
泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍に対する経尿道的手術を最も多く実施しています。前年度と比較すると+18症例となっています。
次いで、腎・尿管結石によるレーザーによる経尿道的尿路結石除去術となっています。
前立腺悪性腫瘍は、ロボット補助下(ダ・ヴィンチ)手術を行っています。こちらの症例も前年度より増加しています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 49 4.18 14.76 4.08 68.24  
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 15 11.40 2.07 0.00 60.40  
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -  
K2211 結膜結石除去術(少数) - - - - -  
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) - - - - -  
血液内科では、抗悪性腫瘍剤動脈、静脈持続注入用埋込型カテーテル設置が最も多く実施しています。
造血器悪性腫瘍の場合は、化学療法が中心となりますが、分子標的薬剤を含む抗癌剤により、治療成績は著しく向上しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 27 0.25
180010 敗血症 同一 67 0.62
異なる 58 0.54
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 45 0.42
異なる - -
厚生労働省による平成29年度の全国DPC対象病院データ集計では、全症例に対する敗血症の割合は0.53%でした。
当院は、1.16%となっていますおり、全国の平均と比較すると発生率は高くなっています。
要因としては、入院時より発症している症例も多く、積極的に受け入れているためと考えられます。
手術・処置の合併症についても同様と考えられます。
更新履歴