HIV感染または可能性のある針刺し事故等の対応について

当院は、平成8年より徳島県エイズ中核拠点病院に指定されています。
エイズ中核拠点病院は、徳島県内のエイズ医療体制の中心として高度なHIV/エイズ診療とともに、血液・体液などの曝露によるHIV感染から医療従事者を守るため、
近隣医療機関での針刺し事故にも対応できるよう迅速診断キットや予防内服薬が配備されています。

徳島県では、HIV曝露事故発生時に迅速に抗HIV薬を内服できるようにマニュアルが整備されています。

医療従事者等における体液曝露事故後のHIV感染防止マニュアル[PDF:308KB]
 徳島県エイズ連携会議(平成29年4月改訂)

お問い合わせ先

マニュアルをご覧のうえ当院の代表電話番号(088-631-7151)にお電話をいただき、
職員のHIV曝露事故対応の旨をお伝えください。担当窓口におつなぎいたします。

お問い合わせ先

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード