徳島県認知症疾患医療センターについて

認知症のことが気になる方へ
 一人で抱え込まず、お気軽にご相談ください

徳島県認知症疾患医療センター

センター長ごあいさつ

 認知症疾患医療センターは、県からの指定を受けて平成24年7月27日に開設致しました。おかげさまで、関係者各位にご支援を賜り3年を迎えることができました。
 しかし、そうはいっても県内の認知症の一部の方々に対応させてもらったに過ぎません。認知症の方は2025年には700万人に達すると言われています。増加する認知症の方にどのような対応をしていくべきか、日々考えを巡らせています。

 これまで当センターは、鑑別診断(中核症状を重視)が主要な役割で、BPSD(行動・心理症状)は必要に応じて対応するというスタンスで行って参りました。しかし、本人を含めて家族や介護者は、BPSDにもかなり困っていると思われます。今後は、BPSDの治療にも力を入れて取り組んでいこうと考えております。
 住み慣れた地域で安心して生活を送ることの少しでもお役に立てるように、なお一層努力していきます。みなさんにあって良かったと思われるセンターを目指して今後も邁進していきますので、今後とも認知症疾患医療センターを宜しくお願い申し上げます。

専門医療相談

「最近物忘れをするようになった。」

「近頃、性格が変わったような感じがするが、認知症の始まりなんだろうか?」

「近くの認知症サポート医が知りたい」

 など、認知症に関する悩みや心配ごとがありましたら、徳島県認知症疾患医療センターにご相談ください。

   電話番号:088-631-7172
   受付時間:10:00~12:00/13:00~16:00 (土日祝、年末年始は除く)
   ※担当者不在の場合は代表(088-631-7151)におかけなおしください

※当センターへの電話について(非通知電話の着信拒否)

 現在当センターへの電話の中には「非通知での迷惑な電話」がかかってくることがあり、

対応に苦慮しているところです。

 つきましては、平成28年7月1日(金)(正午)(予定)より、徳島県認知症疾患医療センター

電話番号「088-631-7172」は、非通知では、直接つながらないようにします。

 具体的には、NTTの「ナンバーリクエスト」を導入し、電話番号を「通知しない」でかけてきた方に、

「こちらは、088-631-7172です。恐れ入りますが、電話番号の前に、「186」をつけて、あなたの

電話番号を通知しておかけ直しください。」と音声メッセージで応答します。

受診希望の方へ

まずは、お近くのかかりつけ医にご相談してください。

専門的な検査は当センターが受け持ち鑑別診断後は、かかりつけ医のもとで治療を続けていただきます。

初診日当日書いていただく問診票には本人の生活状況・症状等を記載していただきます。

本人に日頃から関わっておられる方にご記載いただくことが大切になってきますので、当日は同伴者と一緒にお越しください。

受診希望の方へ

 

○予約
 かかりつけ医よりFAX申し込み用紙を送付いただきましたら、こちらからかかりつけ医へ予約票をお送りします。その予約票や必要物等持参し受診していただきます。

○初診
 血液検査、問診、心理検査、診察を行います。

○画像検査
 脳の萎縮等を検査するMRI検査や脳の血流量を調べるSPECT検査(脳血流シンチ)等を行います。

○鑑別診断
 初診、画像検査の結果より鑑別診断(判定)を行い、今後の治療方針の説明を行います。

鑑別診断の流れ

鑑別診断の流れ

※原則として3回来院していただいて、鑑別診断を行います。

医療機関の方へ

認知症専門外来
水/木/金 ①13:00~ ②14:30~ (祝日、年末年始は除く)

BPSD(行動・心理症状)の急性期対応としてのBPSD専門外来
月 ①14:00~ ②16:00~ (祝日、年末年始は除く)

(FAX受診予約)
患者様がスムーズに受診・検査を受けていただけるようFAXによる受診予約を行っています。

利用手順

FAX受診申込書(PDF)・(Excel)に必要事項をご記入いただき、FAX送付してください。

FAX受診申込書[PDF:141KB]  入力用 FAX申込書[XLS:51KB]

予約日を確認した後に予約票をFAXにて返信いたします。
予約票及び診療情報提供書を患者さんにお渡しください。
予約日に患者さんには当センターに受診していただきます。
鑑別診断後、速やかに紹介状返事にて診療経過等を報告いたします。

利用手順

FAX番号:088-631-7130 (認知症疾患医療センター)
予約受付時間 月~金 10:00~16:00 (祝日、年末年始は除く)

鑑別診断の流れ

鑑別診断の流れ

※原則として3回来院していただいて、鑑別診断を行います。

主要な認知症のタイプの特徴

主要な認知症のタイプの特徴

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード