生化学検査

主に血液の液体部分(血清)と尿中に含まれる成分を化学的に検査しています。約40種類の検査項目を測定していますが、その大部分の検査はこの機械一台で測っています。

生化学検査

この大活躍の機械は、多項目を同時に測定することができ、この機械のスタートボタンを押せば、15~20分で全ての検査結果が出てきます。早いでしょ!?

それなのに「検査結果が出るまで1時間ほどかかります」って言われるのはなぜでしょう?

それは血液のしくみによるものなのです。血は体の外に出ると固まることはご存知ですね。血液の固まる時間には個人差がありますが、大体10~15分かかります。

血液が固まってから、液体部分と固体部分とに分ける機械(遠心分離機)に入ります。この機械で分離するのに5分間

分かれた液体部分(血清)を使うわけですが、検査の種類によって測定する機械の種類も方法も変わります。紹介した主役の機械の他にも5種類の機械を使った検査項目と、機械を使わずに私達の手で検査している項目とがあります。

この検査に使う機械ごと、検査の方法ごとに血清を分けなければいけません。これを分けてくれる機械(自動分注機)に入れるのも5分ほどかかります。その後ついに検査が始まるわけです。

検査結果が出るまで1時間というのには、こうした長い道のりがあるのです。

さて、皆さんは血液検査と言われて、何を思い浮かべますか?貧血の検査?健康診断でよく耳にするのは高脂血症や糖尿病、肝機能の検査などでしょうか?

お酒を飲む方は、「γ‐GTPの値が高くなってますから、お酒を控えて下さいね。」とか、運動不足でよく食べ過ぎる人は、「コレステロールが高いので、もっと運動して下さい。」とか言われたことがありませんか?

このような生活習慣病や、内臓の機能を調べる検査は生化学検査室で行っています。わずか9ccほどの採血で、生活習慣病の予測や、肝臓・心臓・腎臓などの内臓の機能を調べることができます。

主な検査項目は以下のとおりです。

肝臓の検査

AST(GOT)・ALT(GPT)・LDH・γーGTP・ALP・LAPLAP・コリンエステラーゼ・総ビリルビン・直接ビリルビン・ICG

腎臓の検査

UN・クレアチニン・尿酸・クレアチニンクレアランス・ALP

心臓の検査

CPK・AST(GOT)・LDH・αーHBD

膵臓の検査

アミラーゼ・膵型アミラーゼ

骨疾患の検査

ALP・カルシウム・マグネシウム・リン

筋肉の検査

CPK・クレアチン

糖尿病の検査

血糖・デキストロテスト・ヘモグロビンA1c

脂質検査

総コレステロール・HDLーコレステロール・中性脂肪・遊離脂肪酸・βーリポ蛋白

体液水分量の検査

ナトリウム・カリウム・クロール・浸透圧

炎症反応の検査

CRP

薬物検査

フェニトイン・フェノバルビタール・カーバマゼビン・バルブロ酸・デオフィリン・リチウム

生化学検査は、患者様にとって採血・採尿というわずかな負担がかかりますが、血液や尿から体内の状態を把握することができる利点の多い検査です。