救命救急センター

概要

救急医療と救命救急センター

 救急医療は地場産業と言われています。緊急度・重症度の高い患者さんは、まずその地域で治療が行わなければ救命できません。全国に設置された救命救急センターはそれぞれの地域の現状にあわせて、特徴のある救急医療を行っています。
 当院救命救急センターの役割は、地域の患者さんを24時間365日体制で、重症度に見合った医療を提供することと考えています。そのために、プライマリケアから集中治療まで、安全で適切な医療を提供できるようチーム医療体制作りをすすめています。
 当院の救急医療の特徴は、3次救急という最も緊急度・重症度の高い患者さんの受入を専門的に行っている点ですが、軽症から重症の患者を幅広く受入れ診察を行っています。
 そのため、重症度の高い方、緊急度の高い方が迅速に治療を受けていただけるよう、患者さんの受付時にトリアージ(治療優先度の判定)を行っておりますのでご理解ご協力をお願いします。
 また、精神科救急についても、県下の合併症のある精神疾患患者さんの受入を積極的に行っています。
 小児救急に関しても、小児救急医療拠点病院として小児救急医療を担当しています。
 今後とも、かかりつけ医・救急隊・行政部門の皆様との連携を密にして、よりよいシステムの構築に精進していきたいと思います。

診療体制

 救急外来の診察室は、一般の個室診察室、経過観察室、重症患者処置室に分かれています。重症度の高い患者さんは救命救急センター病棟(4階)に入院となります。
 診療に当たるスタッフは、救急専属医2名、後期研修医、初期研修医で行っています。さらに総合診療科医師、各科医師とともに診療にあたっています。
 特に総合診療科は、プライマリ・ケアに基づいた総合内科としての診療を行っています。
 救急外来での診療に際しては、まずプライマリケアを重視し、重篤な疾患だけでなくcommon disease(多い疾患)がしっかりと診療できるようにと心がけています。この点は臨床研修医が診療に当たる際にも、もっとも重要な点と考えています。

診療内容

 当院救命救急センターの受診患者は年間20000人、救急車受入は年間5200件、うち特に重症な3次救急患者は800人ほどで、救急患者数は年々増加する一方です。
 重症患者は救命救急センターで緊急処置を行います。これは心肺蘇生処置や出血性ショック、意識障害に対する処置などです。専門的処置が必要な場合は各科専門医の協力を得て治療にあたります。病棟としてICU(Intensive care unit)、HCU(High care unit)、CCU(Coronary care unit)といった集中治療ユニットがあり、重症患者を受入れるようになっています。

ドクターヘリ

 平成24年10月9日よりドクターヘリ事業を開始しています。全国36番目の基地病院として運航を開始、徳島県全域、和歌山県西部、淡路島全域、高知県東部を運航範囲としています。
 ドクターヘリの目的は「医療従事者(医師、看護師)、医療資機材を現場に送り届け、治療開始までの時間を短縮する」ことであり、「助かる命を一人でも多く助ける」とこが重要なことと考えています。ドクターヘリスピリットは熱く燃えています!
 運航スタッフは医師4名、看護師8名です。CS室(運航管理室)はERに直結した形で設置、バックアップの医師が消防とのやりとり、患者情報の共有などの役割をはたします。
 当院のヘリポートは屋上で、給油も行えるようになっています。
 ドクターヘリの機体はEC135です。運航会社はヒラタ学園で、関西広域連合に所属しています。現在関西広域連合には、公立豊岡病院但馬救命救急センター、大阪大学医学部附属病院、和歌山県立医科大学病院、兵庫県立加古川医療センター、済生会滋賀県病院のドクターヘリが所属しており、互いに運航を補い合っています。また、中四国のドクターヘリ連絡協議会にも参加しており、広域に連携をはかるようにしています。

救命救急救命救急

症例・実績

対象症例・得意分野

【プライマリケア】
 全人的な重症度に応じた初期診療。まずERでの初療、処置がなければ、続く専門的・決定的治療や集中治療はありえません。
【外傷(特に多発外傷)】
 多領域にわたる重症外傷は受入施設が少ないのが現状です。トラウマバイパスを念頭におき、スムーズに受入れられるよう体制整備を行っています。
【心肺停止症例】
 3次救急症例中、最多。心拍再開率は約35%。
【循環器疾患】
 ACS(急性冠症候群)、心不全など、循環器内科チームがdoor to needle30分を掲げ、活躍中。
【災害医療】
 DMAT(災害派遣医療チーム)を3チーム擁し、院内災害訓練、県内外の災害訓練を開催、参加しています。
【地域医療】
 救急医療は全人的医療として、また地域医療連携として、地域医療の一環と考えられます。病病連携、病診連携を密にして、患者さんの疾患や社会的背景を考慮して、取り組んでいきたいと考えています。

診療実績

 現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法

【心肺停止症例】
 アメリカ心臓協会(米国の威厳ある循環器関係の学会)の心肺蘇生法ガイドラインに則った方法で心肺蘇生術を行っています。
 心拍再開率は4割近くにのぼります。さらなる社会復帰率の向上のため、心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の使用法などの普及にもつとめていきたいと考えています。現在当院の3次救急疾患で最も多いのが心肺停止症例です。全体の心拍再開率は35%程度で、心原性、目撃者があり、バイスタンダーCPRが施行され、初期心電図波形が心室細動であった場合の生存退院率は40%でした(2004年~2009年統計)。
【多発外傷】
 交通事故などで、複数の部位に障害が発生したときには、単一科では対応は困難な状況となります。
 JATEC(外傷初期診療コース)に基づいた、蘇生処置、出血などによるショックへの対応、胸部外傷や脊髄損傷、頭部外傷に対して、各科と連携しながら処置を行います。積極的に急速加温輸液装置やIABO(大動脈遮断バルーンカテーテル)の使用、全身の侵襲に対する治療、血液浄化療法などを取り入れています。
【中毒疾患】
 薬物の大量服用や誤飲、農薬中毒に対しても、救急の特異的疾患として対応しています。胃洗浄・活性炭に関しては近年日本中毒学会でもその適応が見直され、当院でもその指針に従い、適応疾患にのみ行っています。必要な場合には血液浄化療法も行います。

 その他、心筋梗塞などの虚血性心疾患、くも膜下出血などの脳血管障害、呼吸不全、重症感染症などにも対応しています。