IVR(画像下治療)

危険な動脈瘤“消滅”

実際の症例です。大きな動脈瘤があり、いつ破裂してもおかしくない状態でしたが、画像下治療(IVR)で動脈瘤を塞栓し、治療することが出来ました。全身麻酔や大きな傷を作ることもなく行うことが出来る治療で、身体への負担はかなり軽く済みました。

がん治療、止血、生検----様々な疾患に適応

IVRとは、日々進歩するX線装置やCT、MRIなどの画像診断機器を応用して行う治療のことです。血管よりも細いカテーテルや針を用いて、画像診断機器で癌や膿瘍、出血などの病気を確認しながら行う手術で、抗がん剤の全身投与や全身麻酔を伴う外科的手術と違い、基本的には局所治療となるため、身体への負担はかなり軽い低侵襲な治療と言えます。その適応は広く、カテーテルから抗がん剤を注入するがん治療や、外傷や炎症が原因の出血に対して血管塞栓物質を注入する止血術だけでなく、逆に血栓などで塞栓した血管内を再開通させることも可能な治療です。体内に貯留した膿瘍を吸い出すドレナージ術や、検査で見つかった影が癌かどうかを見極める生検にも応用されます。

様々な疾患、臓器に対して行われるIVRですが、上記の動脈瘤の塞栓術の他、症例数の多い手技を2つ紹介します。

症例1 肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓術(TACE)

鼠径部の太い動脈から入り、肝細胞癌を栄養する肝動脈の中までカテーテルを挿入し、そこから薬剤(抗がん剤+血管塞栓物質)を注入して抗腫瘍効果を期待するがん治療です。低侵襲で身体への負担も少なく、反復して行うことが出来る治療のため、巨大な腫瘍あるいは小さくても多発する腫瘍がある場合、良い適応であると言えます。実際の治療では、必要であればTACEだけでなく、他の治療(ラジオ波焼灼術や外科的手術、放射線治療)を組み合わせることもあります。


巨大な癌(左図)や多数の癌(右図)といった様々な状況にあわせて治療を行います。

症例2 骨盤骨折の止血術

重大な外傷で骨盤骨折を来した場合、骨折部からの多量の出血で命に関わることがあります。出血の原因となっている損傷した動脈にカテーテルを挿入し、血管塞栓物質を注入して血流を遮断し、止血します。出血をコントロールして全身状態を安定させ、救命率の向上につなげる治療です。緊急を要する場合が多いですが、当院では24時間対応が可能な体制を心がけております。


骨盤に多数の骨折を認めます(左図白矢印)。損傷した血管を認めたので、血管塞栓物質を注入し、止血しました(右図)。

24時間365日対応

IVRは、高度な診断機器を備えている施設に加え、専門的な技術を要するスタッフが揃って初めて成立する治療です。徳島県立中央病院では、県民最後の砦として24時間365日対応出来るように、その双方の維持、管理に努めております。その治療適応といった具体的な相談だけでなく、気になることなど、何でも気軽に聞いて頂けたら幸いです。

放射線科・藤野 敬大

関連ページ