放射線治療の流れ

1.放射線治療開始まで

1)外来受診・適応の有無判断

院外もしくは院内の他の科の先生からのご紹介をうけて当科の外来を受診して頂き、放射線治療の適応があるかどうかを検討します。

2)説明と同意

放射線治療について目的・方法及び副作用等について文書を用いて説明し同意書に署名を頂きます(なるべく1名以上の方の同席をお願いしております)。

3)シミュレーション

治療に同意を頂けましたら次に放射線治療を計画するためのCTを撮影します。この時必要があればシェル等の固定具を作成しますし、また必要があれば息止めや規則的な呼吸をするための練習やおしっこをためる練習をして頂くことがあります。

更に必要があればCT撮影前に体内に金マーカー等の目印を入れて頂くことがあります。また頭頚部の放射線治療前に、抜歯が必要な歯がないか歯科受診を事前にして頂く場合もあります。CT撮影後シェル等の固定具や皮膚表面にCT撮影時の中心点をマジックやインクで書かせて頂き必要があればそのマークを保護するテープを貼らせて頂くことがあります。

4)治療計画

撮影したCTデータを専用の治療計画装置に転送し、コンピュータ上で治療計画を作成します。患者さんによってはCT撮影当日に治療開始できることもありますが通常はこの治療計画を作るのに時間がかかりますのでCT撮影翌日以降の治療開始とさせて頂いております。定位照射や強度変調放射線治療といった複雑なものでは治療開始まで1週間以上頂くこともあります。

2.放射線治療開始

放射線治療開始当日は計画通りにきちんと放射線が当たるよう治療台上で写真をとって位置あわせを行い、ずれている場合は体の位置や姿勢を修正し再度写真をとるといったことを繰り返し行います。きちんとあうようになったら固定具や体の表面に色々インクで目印となる様な印を書かせて頂きます。その後に実際の放射線治療が始まります。よって開始当日は30分~40分くらい治療時間がかかります(定位照射の場合は何箇所治療するかにもよりますが1時間以上かかることもあります)。2回目以降は通常、治療室に入ってから治療が終わるまで概ね10~15分で終わります。

3.放射線治療中

放射線治療は毎日行います(土日祝日は基本的には休みです)。放射線治療中、最低週1回は放射線治療専門医による診察があります。もし特に変わりなければ他は放射線治療認定看護師か放射線治療専門技師がお話を伺います。その際医師による診察が必要と判断された場合は医師の診察に切り替わりますし、患者さん自身が診察を希望された場合も医師の診察に切り替わります。また、放射線治療の説明時に同席頂いた緩和ケア認定看護師による診察も必要時に行われます。

これらの診察により効果及び副作用等を評価し、予定回数を変更すべきか、また休止期間をおくべきか、検査や処置等が必要か等を検討していきます。

4.放射線治療後の経過観察

放射線治療後、数カ月~数年後に晩期合併症が起こってくる場合があります。必要な患者さんには治療終了後も定期的に外来通院をお願いしています。

5.費用等

医師から特になにも言われなければ全て保険適応です。かかる費用は回数や治療の複雑さによって幅があります。詳細は担当医もしくは一階受付総合案内でお聞きください。また生命保険等の各種書類については会計のところへご提出下さい。各部署をまわり担当医のところへ届くのに1週間くらいかかります。治療終了1週間前くらいに提出頂けると治療終了日にお渡しできる可能性が高いです(あまり早く提出されますと、治療終了日がわからないため記載できません)。