がん治療の取り組み

1981年に死因の第1位となって以来、がんは増加の一途をたどっています。当院でもがん患者さんの割合は増え続けており、がんに対応した診療体制を構築することは、重要な課題のひとつであると考えています。

当院では「手術」「放射線治療」「化学療法」「緩和ケア」を組み合わせ、患者さんの状態やがんの種類に応じた治療を行っています。各診療科が協力して治療にあたるとともに、がん検診の充実など、予防医療にも力を入れています。