対外循環症例データベース事業について

The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

Japanese Perfusion Database

患者様およびご家族の皆様へ

体外循環症例データベース事業について

このデータベースは、手術あるいは治療に用いられる体外循環の記録を全国規模で長期間にわたり電子的 に保存するための枠組みです。この保存され蓄積された貴重なデータは統計的に処理され、客観的な指標へ と姿を変え、体外循環を実施する医療関係者に有効に利用されることとなります。この取り組みが体外循環 の安全の追求に、そして、技術水準の向上に繋がり、結果的に患者様の利益が向上していきます。
この活動を通して、最善の医療技術の提供とともに、社会へ貢献していきたいと考えています。皆様のご 理解とご支援を賜ることができれば幸いです。

一般社団法人 日本体外循環技術医学会
理事長 吉田 靖

1.本事業への参加について

本事業への参加は、患者様の自由な意志に基づくものです。参加されたくない場合は、拒否する自由を保 証いたします。参加を拒否されたことにより日常の診療等で患者様が不利益を被ることは一切ございません。

2.データ登録の目的

患者様により良い体外循環を提供するには、現状を把握することが重要です。一般社団法人 日本体外循 環技術医学会(以下 JaSECT)では、体系的に登録された情報を解析して、体外循環の質改善に向けた検討 を継続的に行います。本事業参加施設は、国内の標準的成績に照らして自施設の特徴と課題を把握し、改善 に向けた取り組みが行えます。
また、全国の皆様が安心して体外循環を用いた手術・治療を受けられるように、より良い体外循環のあり 方を示すための基礎資料になります。さらに、様々な研究と連携することで、臨床現場へ確実な技術を提供 するための取り組みに協力することができます。

3.登録される情報の内容

登録される情報は、日本国内で行われた手術・治療に用いられた体外循環の方法等です。これらの情報は、 それ自体で患者様個人を容易に特定できるものではありません。しかしながら、患者様に関わる重要な情報 ですので厳重に管理いたします。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人 情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」等)を遵守しています。登録されたご自身の データをご覧になりたい場合は、受診された診療科にお問い合わせください。

4.登録される情報の使われ方

登録される情報は、参加施設の体外循環技術の向上ならびに手術・治療へのより良い医療技術提供に役立 てるために、参加施設ならびに臨床領域に還元されます。この際に用いられる情報は集計・分析された統計 情報のみです。患者様個人を特定できる情報は一切提供されません。情報の公開にあたっては、JaSECT の ガイドライン策定委員会で十分に議論し、承認を得た情報のみが公開の対象となります。

※お問い合わせは受診された診療科またはJaSECT ガイドライン策定委員会までご連絡ください。
JaSECT ガイドライン策定委員会
URL: http://www.jasect. jp/