かかりつけ医を持ちましょう

かかりつけ医の役割と分担

当院では、緊急もしくは重症な患者さんを中心に高度で専門的な医療を24時間体制で提供しています。専門的な検査や治療が必要な場合にかかりつけ医から患者さんを紹介して頂き、当院での治療後に患者さんの病状が安定したら、かかりつけ医に日々の健康管理や継続的な治療をお願いしています。このように、かかりつけ医を起点とした医療連携を行うことで、患者さんに最適な医療を受けていただくことができます。

かかりつけ医の役割

  • 病気の予防・日常の健康管理をする。
  • 多くの病気の初期診療を行い、専門的診療の必要性を判断し、専門病院への紹介や入院診療への連携窓口となる。
  • 風邪や腸炎などの一過性の急性疾患の治療を行う。
  • 症状の安定した慢性疾患(生活習慣病)の治療・管理を行う。

中央病院の役割

  • 高度な検査・治療機器を活用して、専門的な高度急性期医療を行う。
  • 診断と初期治療を終えて病状の安定した患者さまを、適切な診療情報を提供したうえで「かかりつけ医」へ逆紹介する。
  • 「かかりつけ医」と共同で患者さまの定期的な診療を行う。
  • 患者さんの急変時には、24時間受け入れ体制のもとで、迅速・適切な救急医療を行う。

かかりつけ医を持ちましょう

かかりつけ医を持つメリット

一人の医師に継続的にかかることで、自身の病歴や体質・生活習慣などを踏まえた診察を受けられます。
また、家族を含めた健康管理のアドバイスを受けられます。
必要に応じて、適切な専門医や病院を紹介してもらえます。

紹介状の重要性

かかりつけ医は、日頃の診療を通して、患者さんの健康状態を深く理解しています。

  • 体の状態はどうか。
  • これまでどんな病気にかかったか。
  • これまでどんな薬を飲んでいたか。

当院の医師は、これらの情報が書かれた「紹介状」をもとに診察を行います。当院を受診される際は、かかりつけ医からの紹介状を必要です。紹介状を必ずお持ちください。