救急科

【一般目標】

 総合臨床医として、患者を全人的かつ全身的に診療することが出来るようになるため、プライマリ・ケア医学、救急医学、集中治療医学などの全般にわたる基本的な知識.技能を習得する。さらに、生命、機能的予後に関わる疾患や、緊急度・重症度の高い病態・疾患に適切に対応できるようになるために、救急医療・災害医療システムを理解し、適切な対応・初期対処能力を身につける。

【行動目標】

1. 救急医療の基本的事項

① バイタルサインの把握ができる。
② 身体所見を迅速かつ的確にとれる。
③ 重症度と緊急度が判断できる。
④ 一次救命処置が行え、二次救命処置を理解できる。
⑤ 外傷初期診療の考え方を理解できる。
 (JATECのPrimary Surver, Secondery Surveyに準ずる)
⑥ 各種検査の立案・実践・評価ができ、緊急度の高い異常所見を指摘できる。
⑦ 各種基本手技の実践ができる。
⑧ 頻度の高い救急疾患・外傷の初期治療ができる。
⑨ 熱源精査をすることができる。
⑩ 必要に応じて抗生剤の選択をすることができる。
⑪ 想定される合併症のリスク判断ができ、予防策を講じることができる。
⑫ 中毒・環境起因疾患の治療を行うことができる。
⑬ 専門医への適切なコンサルテーションができる。
⑭ 患者の社会的背景に留意することができる。
⑮ チーム医療における自分の役割を理解し、救命救急センタースタッフ(医師・看護師・救急救命士、コメディカル部門)と良好なコミュニケーションをとることができる。
⑯ トリアージ、災害現場における初期対応(CSCATTT)が理解できる。
⑰ ドクターヘリ等、病院前診療を理解できる。

【研修内容】

1.On the job training(OJT)

救急外来にて担当した患者を診療し、適切に上級医にコンサルテーションを行う。
重症例では、診療リーダーのもと、協力して診療にあたる。チーム医療の実践。

2.Off the job training(OJT)

毎月院内で開催している二次救命処置コースに参加し、ICLSに基づいた心肺蘇生法を習得する。
定期的に院内開催される外傷初療ハイブリッドコース(mini-TEC)に参加し、JPTEC、JATECに基づいた外傷初療を習得する。
県内外で開催される心肺蘇生処置コース(ICLS、AHA-BLS、AHA-ACLS、AHA-PALS)、外傷処置コース(JPTEC、JATEC、PTLS)、脳卒中初期診療コース(PSLS、ISLS)などのトレーニングコースを積極的に受講する。

【カンファレンス】

月~金:ICUミーティング
月:救急パワーカンファランス
火・水・木:カルテカンファランス
月1回:プレホスピタルカンファランス
不定期に開催:救急ミニレクチャー