耳鼻咽喉科

【一般目標】

 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の基礎的な知識・解剖を理解し、初診時における鑑別診断、簡単な処置、検査法などを習得する。
 また救急疾患を経験し、鼻出血、めまい、異物、急性喉頭蓋炎などに迅速に対応できる能力を身につける。

【行動目標】

耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の解剖や機能を習得する。
  1. 内視鏡にて、鼻咽腔、咽喉頭(声帯、食道入口部)を観察することができる。
  2. 聴力検査(純音、語音、ABRなど)、嗅覚機能検査、平衡機能検査(フレンツェル、ENG)の意義を理解し、検査結果を説明することができる。
  3. 頭頸部領域の画像から検査結果を説明できる。
  4. めまい、嚥下障害、音声障害、アレルギー疾患、頭頸部悪性腫瘍手術など、他科との連携が重要であることを理解する。
  5. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の外来手術ができ、複雑な手術の介助ができる。
  6. 救急疾患に対応できる。
    ① 鼻入口部の鼻出血が止血できる。
    ② 咽頭・鼻腔異物がとれる。
    ③ めまい疾患に対し、適切な処置ができる。
    ④ 急性喉頭蓋炎などの上気道狭窄に対処できる。

【研修内容】

  • 指導医の指導のもとに患者診察にあたり、多くの疾患の診療を経験する。外来では初診患者に対し的確な問診と鑑別診断がおこなえるようにする。また、救急疾患に対して、的確な状況判断を身につける。
  • 病棟患者に対しては臨床経過を理解し、適切な対応がとれるようにする。
  • 週3日の手術に参加し、複雑な手術の介助ができるようになる。

【カンファレンス】

火: 症例検討会(看護師、ORT合同)

【研修スケジュール】

  午前 午後
病棟回診、外来診察 外来診察
病棟回診、手術 手術
病棟回診、手術 手術
病棟回診、手術 手術
外来診療、病棟回診 外来診察