形成外科

【一般目標】

 救急医療などで頻繁に遭遇する皮膚、軟部組織損傷などに対して、創処置、創処理を迅速かつ適正に遂行できることを目指す。

【行動目標】

1. 体表面、軟部組織、および顔面の解剖について理解できる。
2. 形成外科的診察および記録ができる。
3. 創処理での重要項目について理解し、実践ができる。
4. 形成外科的な基本操作(麻酔、洗浄、デブリードマン、縫合、切開、被覆材の使用など)を適切に実践できる。
5. 創処理後の創部管理が適切にできる。
6. 形成外科患者の術前、術後の管理が適切に実践できる。

【研修内容】

1. 経験可能な疾患:外傷(熱傷、顔面外傷、軟部組織損傷など)
  難治性潰瘍、褥瘡
  母斑、血管腫などの良性腫瘍
  悪性腫瘍およびそれに関連する再建
  瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド
  その他先天異常など 

【カンファレンス】

術前や入院時、回診時など適宜実施

【研修スケジュール】

  午前 午後
手術 手術
外来診察 外来手術
外来診察 外来手術
手術 手術
外来診察 外来手術