県立中央病院における新型コロナウイルス感染について(続報)

公開日 2021年04月22日

          県立中央病院における新型コロナウイルス感染について(続報)


 令和3年4月20日(火)、当院の入院患者であった2名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

 当院を利用されている患者の皆様をはじめ、県民の皆様には、大変ご迷惑、ご心配をおかけしております。心よりお詫び申し上げます。
 
当院においては、4月8日(木)に1人目の陽性患者が発生した当初から、クラスターに相当する対応といたしまして、職員及び出入り業者従業員、

関係する病棟に入院する患者すべてを対象に抗原定量検査を実施するとともに、関係病棟における共用部分も含めた消毒や清拭、病棟スタッフの更衣室の分散等、

感染防止対策を講じつつ、一般の外来診療を継続しております。

   なお、陽性患者が発生した病棟を含むフロアについては、当面、新規入院患者の受入停止を継続するとともに、入院にあたり、

これまでの術前抗原検査に加え全ての患者の入院時抗原定量検査を原則としております。

   今後とも、関係機関と協議しながら感染防止対策に努めてまいりますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。